隠岐諸島で6,200kW大規模蓄電池システム実証開始【中国電力】再エネの出力変動対策、諸島内には再エネ1万kW超導入計画も

[画像・上:合計6,200kWの蓄電システムが設置された、西ノ島変電所(提供:中国電力)] 中国電力の、隠岐諸島(島根県)における大規模蓄電池システム、西ノ島変電所が完成した。10月20日に竣工式が挙行され、実証試験も開始されている。「実証」期間は2018年9月までの予定だが、系統連系されており、既に営業運転は始まっている。 [caption id="attachment_1739" …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー