世界初の風力+揚水のドイツ発電施設にGE製風力タービン導入

米国GE(General Electric)はこの9月、ドイツの建設大手・マックス・ベーゲル(Max Bögl:本社=ドイツ南部センゲンタール)が進める事業に対して、関連会社を通じて風力タービンを供給する合意に達したことを発表した。 この事業は風力発電と揚水発電を併せ持つ施設とした「世界初の」(GE)試み。MB社含むドイツ国内3社が母体となっている。「ガリドルフ・プロジェクト」と名付けられて…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー