飛島建設/オリエンタルコンサルタンツが岐阜県中津川市の農業用水路に小水力発電所建設開始

飛島建設とオリエンタルコンサルタンツは6月12日、岐阜県中津川市で共同発電事業者として小水力発電設備の建設工事を開始した。大正時代に築かれた農業用水路の未利用落差に着目し、水路の一部を発電用水路として活用する。12月に運転を開始する予定だ。

発電所の建設にあたって、計画段階から中津川市が住民との調整や許認可の取得などの面で支援した。資金面では、発電所の建設と運転費用のすべてを飛島建設とオリエンタルコンサルタンツが折半で出資するため、同地区では水路管理組合と生産森林組合が金銭的負担を負うことなく農業用水路などの施設の改修ができる。

[画像:発電所完成イメージ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る