2020年4月、発送電分離へ/送配電網の公平な利用に向けて

電力システム改革の第3弾「発送電分離」を具体化するための電気事業法改正案が5月21日、衆議院本会議で可決された。参議院での審議を経て、6月中にも可決・成立する見通しだ。発送電分離は、2020年4月から実施されることになる。これにより、大手電力の送配電部門が法的に切り離され、別会社化される。大手電力が事実上独占していた送配電網を、新規参入企業も公平に利用できるようにするためだ。…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー