NEC、アメリカ東部の系統安定用に60MW蓄電システム構築へ

NECは、北米の大手独立系統運用(地域送電)機関であるPJMインターコネクションが運営するアメリカ東部でのアンシラリー(周波数や電圧などの電力品質維持)サービス市場向けに、出力60MWクラスの大型リチウムイオン蓄電システムを構築する。 設備建設は年内に開始され、2016年中頃に完成する予定だ。 [画像:NECの蓄電ソリューション「GSS」の機器イメージ]…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー