【産総研】新たな海水pH測定法開発、ISO規格として国際標準化。CCSの二酸化炭素漏洩監視方法に大きな道筋

[画像:二酸化炭素貯留・回収(CCS)における海洋二酸化炭素モニタリング 提供:国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)] 国内の研究グループが国際標準化機構(ISO)に提案した海水の水素イオン濃度指数(pH)測定法が、国際規格ISO18191として発行されることになった。産業技術総合研究所(産総研)がこの9月に発表した。 研究グループは、産総研名誉リサーチャー兼東京都立産業技術研…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー