【シャープ】2015年度第2四半期決算発表。カンパニー制移行、「エネルギーソリューション」部門創設など経営改善策断行

10月末、シャープの2015年度第2四半期決算説明会が行われた。 シャープ全部門の2016年3月期上期決算として、売上1兆2,796億円、営業利益はマイナス251億円、経常利益はマイナス386億円となり、売上高は前年同期比3.6%減となるとの見通しが発表された。また通期では、売上2兆7千億円、営業利益100億円との予想が示された。 太陽光発電関連を含むエネルギーソリューション部門では、…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー