カテゴリー:バイオマス

  • 熊本県南関町で日本初・竹を利用したバイオマス熱電併給設備の事業開始 =バンブーエナジー、NEDO事業の設備

    竹を使用したバイオマス発電事業を手掛けるバンブーエナジー(熊本県南関町)はさきごろ、同町にバイオマス熱併給設備の建設を決定したと発表した。中外炉工業(大阪市)が設備設計・製作を担う。稼働は2019年1月を予定している。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 竹の木質バイオマス燃料利用技術を開発 =日立製作所

    日立製作所は、竹類を燃焼効率の高い木質バイオマス燃料に改質する技術を開発した。林野庁の補助事業である「木質バイオマス加工・利用システム開発事業」として、福岡県八女市と北九州市と共に開発してきた。 成長の早さから木質…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ユーグレナが横浜市に日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを建設

    バイオテクノロジー企業のユーグレナ(東京都港区)は2月10日、横浜市の京浜臨海部に建設予定の日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの工事等請負契約を千代田化工建設(横浜市)と結んだ。 [画像・上:最…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 脱水乾燥一体型の汚泥処理実証施設が鹿沼市黒川終末処理場で稼働 =国土省B-DASHプロジェクト実証事業

    国土交通省が進める下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)の実証施設がさきごろ、「鹿沼市黒川終末処理場」(栃木県鹿沼市)に完成した。 [画像・上:完成した実証施設] 中小規模処理場を対象とした下水…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【レポート】木質バイオマスエネルギーを活用したモデル地域づくり推進事業シンポジウム

    林野庁と(一社)日本森林技術協会及び森のエネルギー研究所(東京都羽村市)は2月27日、東京大学弥生講堂において「木質バイオマスを地域づくりに生かすためには」と題したシンポジウムを開催した。 環境省と農林水産省の連携…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 住友重機がバイオマス発電所設備を日揮から受注 2020年春稼働、国内最大級7万4,900kW

    住友重機械工業はさきごろ、室蘭バイオマス発電合同会社が北海道室蘭市で計画を進めているバイオマス発電所のボイラ設備を日揮から受注したと発表した。発電規模は7万4,900kWで、循環流動層(CFB)ボイラを用いたバイオマス専…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 道内木材年間6万t使用「苫小牧バイオマス発電」運開 =三井物産/北海道ガスほか

    三井物産(東京都千代田区)、住友林業(東京都千代田区)、北海道ガス(北海道札幌市)、イワクラ(北海道苫小牧市)の4社が出資して設立したバイオマス発電事業会社「苫小牧バイオマス発電」が苫小牧市で建設を進めていたバイオマス発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タケエイ、岩手県花巻市で 「花巻バイオマスエナジー花巻発電所」運開

    タケエイは、昨年末に竣工し、試運転中だった木質バイオマス発電所「花巻バイオマスエナジー花巻発電所」(岩手県花巻市)が2月1日より売電を開始したと発表した。 [画像・上:施設全景(提供:タケエイ)] タケエイグ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • モザンビークでジャトロファバイオ燃料を活用した小規模電化プロジェクト開始 =金沢工業大学

    金沢工業大学(石川県野々市市)は今春より、(独法)国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業「無電化村落の住民によるジャトロファバイオ燃料を活用した小規模電化プロジェクト」をアフリカのモザンビークで開始する。実施期間は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世界初、キャッサバパルプを用いたバイオエタノール製造プラント実用化プロジェクト始動 サッポロHDがNEDO事業での成果活かし

    サッポロホールディングス(HD)はさきごろ、タイのイノテック・グリーン・エナジー(IGE)とともに、世界初となるキャッサバイモからタピオカを抽出した後に発生する残渣(キャッサバパルプ)を用いたバイオエタノール事業の実用化…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 月島機械/電源開発/三笠特殊工業が福岡県より御笠川浄化センターの下水汚泥固形燃料化事業を受注

    月島機械、電源開発(Jパワー)、三笠特殊工業(福岡市)の3社で構成する共同事業体はさきごろ、福岡県と「御笠川那珂川流域下水道御笠川浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」に関する契約を締結した。 [画像・上:燃料化施設…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【リポート】JORA「平成28年度バイオマス産業都市推進シンポジウム」

    一般社団法人日本有機資源協会(JORA、会長:牛久保明邦東京農業大学名誉教授)は2月3日(金)、都内で「バイオマス産業都市推進シンポジウム」を開催した。 [画像・上:開会で挨拶を述べるJORA会長の牛久保名誉教授]…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「中島浄化センター」に汚泥燃料化施設完成 メタウォーターが静岡市からDBO方式で受託

    水環境エンジニアリング会社のメタウォーターが静岡市から受託し、「中島浄化センター」で整備を進めていた下水汚泥燃料化施設がさきごろ完成した。 [画像・上:完成した汚泥燃料化施設] 同施設では、これまで産業廃棄物…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 玉津処理場に消化ガス精製設備を設置 神戸市/神鋼環境ソリューション

    神鋼環境ソリューションはさきごろ、神戸市から「玉津処理場 消化ガス機械設備工事」を受注したと発表した。今後、玉津処理場にある既存の脱硫設備を撤去し、消化ガス精製設備を新たに設置する工事を行う。完成予定は2018年3月30…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 荏原環境プラントが長野県佐久市・北佐久郡環境施設組合クリーンセンターからごみ焼却施設の建設・運営事業受注

    荏原環境プラントはさきごろ、同社を代表企業とするグループが佐久市・北佐久郡環境施設組合(長野県佐久市)より「佐久市・北佐久郡環境施設組合クリーンセンター(ごみ焼却施設)建設・運営事業」を受注したと発表した。竹花組(同佐久…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る