カテゴリー:バイオマス

  • バイオマスワーキンググループ、業界のキーパーソンを講師に迎えセミナー連続開催

    市民キャビネット農都地域部会バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ(WG)のセミナーが注目を集めている。業界の関心事をタイムリーに捉えた企画のとも、産官学それぞれの注目人物による講演が好評だ。 不定期の勉強会だ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【ZEエナジー/ZEデザイン】木質ガス化発電所開設へ向け、山形県最上町と協力体制構築

    2000kW以下のバイオマス発電装置等を手掛けるZEエナジーと、そのグループ会社で再生可能エネルギー発電事業者のZEデザインは7月28日、山形県最上町と木質バイオマスガス化発電事業について協力体制構築に関する覚書を締結し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【薩摩川内市】竹バイオマス産業都市協議会設立。豊富な竹を活かし産業振興

    鹿児島県薩摩川内市は7月13日、市内に存在する竹の未利用部分の有効活用などを促す産学官連携組織「薩摩川内市竹バイオマス産業都市協議会」を設立した。放置竹林の防止や収集のみならず、竹資源を再生可能な有機性資源(バイオマス)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【月島機械】栃木県鹿沼市の下水処理場に官民共同による消化ガス発電所開所

    月島機械と同社子会社のサンエコサーマルが栃木県鹿沼市の下水処理場「黒川終末処理場」内に建設を進めていた「鹿沼市黒川消化ガス発電所」が完成し、7月6日より発電を開始した。同発電所では、鹿沼市の廃棄物(し尿、汚泥など)を下水…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【三井造船】家畜ふん尿を利用した国内最大級のバイオガス発電施設、北海道で稼働

    三井造船は7月10日、北海道別海町で建設を進めてきたバイオマス発電施設が完成し、運転を開始したと発表した。施設は、三井造船、別海町、中春別農業協同組合、道東あさひ農業協同組合 の4者が共同で設立した特別目的会社「別海バイ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【エア・ウォーター】木質バイオマスのコージェネレーション設備建設に着手。野菜園向けに熱電を供給

    産業ガス大手のエア・ウォーターはこのほど、同社の農業事業を担う農業生産法人エア・ウォーター農園の安曇野菜園(長野県安曇野市)に向け、「安曇野木質バイオマスエネルギーセンター」(仮称)を建設すると発表した。野菜栽培用エネル…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バイオマスを地方創生に活かせ。富士通総研、シンポジウム開催

    富士通総研経済研究所は6月16日、シンポジウム「自然資本地方創生論 ~世界屈指の林業・バイオマスのポテンシャルを活かせ~」を都内で開催した。 地方創生の取り組みが加速化している中、その実現に向けて、地域固有の財産で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【東北大学/筑波大学】藻類オイルを輸送用燃料に変換する新手法を開発

    東北大学大学院工学研究科の冨重圭一教授、中川善直准教授、筑波大学生命環境系の渡辺秀夫研究員らの研究グループは6月15日、藻類がつくり出す炭化水素スクアレンをガソリンやジェット燃料に変換する新手法を開発したと発表した。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【くにうみアセットマネジメント】東北最大級の木質バイオマス発電所、建設進む

    くにうみアセットマネジメントは6月11日、出資しているユナイテッドリニューアブルエナジー(秋田県秋田市)が同市向浜で建設中の木質バイオマス発電所の立柱式を開催したと発表した。 発電出力は20MWで、木質専焼のバイオ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヤンマー、「バイオイノベーションセンター倉敷ラボ」を新設へ

    ヤンマーはこのほど、生物系研究開発や実証の拠点となる「バイオイノベーションセンター倉敷ラボ」を岡山県倉敷市の市有地に設立すると発表した。食料の生産効率や機能性の向上、バイオ関連新技術の確立などを目指す。6月中に倉敷市と立…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 極東開発工業、コーンズ社と技術提携しバイオガスプラント事業参入

    極東開発工業はこのほど、コーンズ・アンド・カンパニー・リミデッドとバイオガスプラントに関する技術提携を行い、バイオガスプラント事業へ参入した。食品残渣や家畜ふん尿など、動植物由来の再生可能なバイオマス資源をメタン発酵させ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 豊田通商、島根県に木質では国内最大級の「江津バイオマス発電所」完成

    豊田通商グループのエネ・ビジョンが、島根県江津市の江津拠点工業団地に建設していた「江津バイオマス発電所」が完成し、6月3日に竣工式が開かれた。7月1日の運転開始を予定している。 発電出力は12・7mw、年間発電量は一般家…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 九州電力ほか、電力・ガス・石油各大手合同/首都圏で電力供給事業展開へ

    九州電力、東京ガス、出光興産の3社は5月1日、千葉県袖ケ浦市での新規発電所開発を推進する合同会社「千葉袖ケ浦エナジー」の設立を発表した。新会社が計画を進めている発電所は石炭火力中心だが、バイオマス等の混焼も検討されている…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ナカバヤシ、島根県松江市で6・25MW木質バイオマス発電開始

    アルバムや文具、シュレッダーなどの製造販売を行うナカバヤシのグループ会社である松江バイオマス発電(島根県松江市)は、同市に建設したバイオマス発電所で6月から木質バイオマス発電を開始する。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大阪市・大阪ガス、国内最大規模の下水汚泥消化ガス発電事業契約締結

    大阪ガス子会社のOGCTS(大阪市)、月島機械、月島テクノメンテサービスの3社は5月1日、大阪市と「大阪市下水処理場消化ガス発電事業」に関する契約を締結した。2017年3月末までに事業対象箇所に発電施設を竣工する。発電期…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る