カテゴリー:バイオマス

  • 木質チップ、輸入PKSも燃料の50MW「紋別バイオマス発電所」運開 住友林業/住友共同電力

    住友林業と住友共同電力は12月1日、合弁で設立した「紋別バイオマス発電」(北海道紋別市)が運営する「紋別バイオマス発電所」が営業運転を開始したと発表した。 [画像・上:紋別バイオマス発電所] 建設地は紋別港第…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タクマ、豊橋市でバイオマス発電設備を受注 発電規模2万2,100kW

    タクマ(兵庫県尼崎市)はさきごろ、木質バイオマス発電事業のサーラeパワー(愛知県豊橋市)より、豊橋市に建設予定のバイオマス発電設備を受注したと発表した。完成予定は2019年6月。発電した電気はFITを活用して電気事業者へ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イーレックスが大分県佐伯市でバイオマス発電所稼働 出力5万kW

    新電力大手のイーレックス子会社のイーレックスニューエナジー佐伯が運営するバイオマス発電所「佐伯発電所」が11月18日、大分県佐伯市の臨海地で運転を開始した。総事業費は約167億円。 [画像・上:11月に稼働した佐伯…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鳥取県日南町における「木材総合カスケード利用」、事業化に前進

    住宅用建材大手の大建工業(大阪市)はさきごろ、鳥取県日南町、日南町森林組合、単板積層材(LVL)製造・販売のオロチ(日南町)と共同で、日南町での「木材総合カスケード利用」の事業化に向けた検討について基本合意したと発表した…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新たな触媒を用いたバイオ燃料生産システムのNEDO事業・実証試験開始

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はこのほど、廃油などを用いた新たなバイオディーセル燃料製造システムの実証実験事業を種子島で開始する。 [画像・上:本システムでは、種子島の2カ所に燃料製造装置が分散され…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 福岡県豊前市に国内最大級7万4,950kW木質バイオマス発電所建設へ

    新電力大手のイーレックスは11月10日、同社が設立したバイオマス発電事業会社「豊前ニューエナジー合同会社」に、九電みらいエナジーと九電工(ともに福岡市)が出資参画すると発表した。 [画像・上:プラント建設予定地] …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タケエイ、新たな木質バイオマス発電事業計画も発表 秋田県大仙市で

    タケエイは11月17日、秋田県大仙市における新たな木質バイオマス発電事業の検討開始を発表した。発電出力は7,000kW程度を予定している。 同社は、稼働中の傘下企業・津軽バイオマスエナジーに加え、花巻バイオマスエナ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バイオマス発電由来の熱を栽培ハウスで利用へ タケエイが銀座農園と資本提携、農業に参入

    産廃収集・リサイクル業、環境コンサル業、そしてバイオマスによる再エネ業などを展開するタケエイ(東京都港区)は11月17日、農業への事業参入を発表した。 銀座農園(東京都中央区)と資本提携を結ぶ。銀座農園の株式の第三…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木質バイオマス導入事例レポート:群馬県上野村(上) 地域資源としての木材を活かしカスケード利用

    木質バイオマス利用は全国各地で関心を集めているが、具体的な事業例となると、まだ多くはない。特に、未利用材2MW未満のFIT価格に魅力を感じて検討を始めるものの、燃料調達に悩んでいるという話はよく聞く。こうした中、林産地と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木質バイオマス導入事例レポート:群馬県上野村(下) 地域のバイオマス生産量に見合った規模で設備導入

    《「木質バイオマス導入事例レポート:群馬県上野村(上)」から続く》 バイオマス・コージェネレーションへのステップアップ その後、群馬県上野村では木質バイオマス利用によるコージェネレーション導入に進む。ペレット…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 宮城県加美町が 「バイオマス産業都市」に認定

    アミタホールディングス(京都市)の事業会社で、地域の支援事業を展開しているアミタ持続可能経済研究所(同市)がバイオマス産業都市構想の策定を支援した宮城県加美町が、農林水産省の本年度「バイオマス産業都市」の選定地域として認…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アミタのバイオガス施設「南三陸BIO」、 開設1年で見学者1,000人突破

    アミタホールディングス(京都市)の事業会社であるアミタ(東京都千代田区)は10月25日、2015年10月に開設した宮城県南三陸町のバイオガス施設「南三陸BIO(ビオ)」が開設1年で見学者1,000人を突破したと発表した。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英国向けバイオマス発電事業への投資を拡大、三井造船子会社BWSC

    三井造船はさきごろ、100%子会社であるデンマークのバーマイスター&ウェイン・スカンジナビアン・コントラクター(BWSC)が英国向けバイオマス発電事業に投資すると発表した。 [画像・上:CHPプラント完成予想図] …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 月島機械が日本最大級の下水汚泥消化ガス貯留用ガスホルダを受注

    月島機械(東京都中央区)はさきごろ、広島市より下水汚泥消化ガス貯留用ガスホルダの更新工事を受注したと発表した。その貯留容量は9,600㎡と日本最大級となる。受注金額は8.5億円、納期は2018年3月。 昨今、全国の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国総研が「下水バイオガスで水素製造」ガイドラインを作成

    国土交通省の研究機関である国土技術政策総合研究所(国総研)は10月、下水バイオガスから水素を製造する技術導入ガイドライン(案)を策定した。全国自治体の下水道事業者が下水バイオガス由来水素製造技術を導入する際に参考となるよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る