カテゴリー:バイオマス

  • ユーグレナが三重県多気町に燃料用微細藻類培養プール建設

    ミドリムシ(学名:ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発、生産品質管理、販売を手掛けるユーグレナ(東京都港区)は9月1日、三重県多気町に国内最大級の燃料用微細藻類培養プールを建設し、「バイオ燃料用藻類生産実証プ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大分県豊後市にファーストエスコのバイオマス発電所が運開

    エフオン豊後大野(大分県日田市)が大分県豊後市内に建設していた木質バイオマス発電所「豊後大野発電所」が8月31日に商業運転を開始した。発電出力は1万8,000kWで、年間送電量は一般家庭約3万4,000世帯分の電力使用量…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JFEエンジら、横浜市の下水汚泥処理・活用のPFI事業を受注

    JFEエンジニアリングは9月1日、同社を代表とする特別目的会社「横浜Bay Link」(横浜市)が横浜市と「横浜市北部汚泥資源化センター汚泥処理・有効利用事業」の事業契約を締結したと発表した。 [画像・上:汚泥焼却…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バイオマス・ジャパンが比でバイオディーゼル実証事業

    [画像・上:バイオディーゼル燃料を使用する廃棄物回収車] バイオマス関連事業を手掛けるバイオマス・ジャパン(東京都豊島区)は、本年11月から2018年9月まで、フィリピンのダバオ市で、バイオディーゼル燃料の普及へ向…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大林組が山梨県内で業界初のバイオマス発電事業

    大林組は8月3日、山梨県大月市で「大月バイオマス発電所」の起工式を執り行った。同社グループ初の木質バイオマス発電所で、2018年8月の商業運転を目指す。再生可能エネルギー固定買取制度(FIT)を活用して木質バイオマス発電…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 月島機械らが大阪市内で下水汚泥消化ガス発電を開始

    月島機械(TSK)、月島テクノメンテサービス(TTMS)、大阪ガス子会社のOGCTS(大阪市)の3社が共同で大阪市内4ケ所の下水処理場内で建設を進めてきた発電設備のうち、1ケ所目となる「大野下水処理場」内での消化ガス発電…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大建工業岡山工場のボイラーがLNG→木質バイオマスに切り替え稼働

    住宅用建材大手メーカーの大建工業(大阪市北区)が2015年5月から同社岡山工場(岡山市)で進めていた木質バイオマスボイラーの増設工事が完了し、このほど稼働した。投資額は約14億円。同社の工場で導入された木質バイオマスボイ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三重県津市で20MWバイオマス発電所が運開

    JFEエンジニアリング(出資比率35.2%:東京都千代田区)、日本政策投資銀行(25.0%:東京都千代田区)、日本通運(14.9%:東京都港区)、阪和興業(10.0%:大阪市中央区)、大中物産(10.0%:東京都中央区)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三井住友海上らがバイオマス発電の包括的保険を発売

    MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は7月から「バイオマス発電総合補償プラン」の販売を開始した。また、同補償プランの販売に併せて、グループのリスクコンサルティング…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 南三陸のバイオガス施設が民間の生ごみ受け入れへ

    宮城県南三陸町のバイオガス施設「南三陸BIO(ビオ)」が同町の生ごみに関する一般廃棄物処理業許可を取得した。これにより町内のホテルや飲食店などの事業者から出る生ごみの受け入れが可能になる。 宮城県三陸町は東日本大震…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 太平洋セが大船渡に75MWの木質バイオマス発電所を建設

    [画像・上:太平洋セメント大船渡工場] セメント大手の太平洋セメントは電力売買・発電事業のイーレックス(東京都中央区)との共同出資により、同社大船渡工場(岩手県大船渡市)敷地内に新会社を設立し、工場内に木質バイオマ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 徳島県内初の木質バイオマス発電所が完成

    繊維大手のクラボウ(大阪市)が同社徳島工場(徳島県阿南市)敷地内に建設していた「クラボウ徳島バイオマス発電所」がこのほど完成した。同社がバイオマス発電事業を手掛けるのは今回が初めて。また、同施設は徳島県初のバイオマス発電…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大王製紙が愛媛県内にバイオマス発電設備新設

    大王製紙(愛媛県四国中央市)は7月22日、主力生産拠点である三島工場(同市)にバイオマス発電設備を新設し、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を利用して電力販売を行うと発表した。総工費は約210億円。事業開始は2…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第2回バイオマス発電事業研究会が開催

    ▼発電事業への注目の高まりを反映 木質バイオマス発電事業の業界団体設立を目指すバイオマス発電事業研究会が、7月25日都内で開催された。 現在、既に運転中あるいは開業時期が決定している木質バイオマス発電所は、国…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 秋田に東北最大級の木質バイオマス発電施設

    [画像・上:稼働した「ユナイテッドリニューアブルエナジー向浜発電所」] ユナイテッドリニューアブルエナジー(秋田県秋田市)が同市向浜で開発を進めていた「ユナイテッドリニューアブルエナジー向浜発電所」の完工式が7月1…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る