カテゴリー:バイオマス

  • バイオマス発電事業者協会が正式活動開始を表明

    昨年11月に設立された、木質バイオマス発電事業者による事業者団体である(一社)バイオマス発電事業者協会(代表理事:山本毅嗣丸紅国内電力プロジェクト部副部長)は2月2日(木)、都内で記者発表を行い、設立目的、今後の活動内容…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 広島県が「芦田川浄化センター」で 下水汚泥固形燃料化事業開始

    広島県は1月より「芦田川浄化センター」(福山市)で下水汚泥固形燃料化施設の運用を開始した。 [画像・上:「芦田川浄化センター」下水汚泥固形燃料化施設(提供:広島県下水道公園課)] 同施設は、芦田川浄化センター…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • リコー環境事業開発センターで 木質バイオマスボイラー稼働 地域の未利用間伐材を活用するエネ地産地消モデル確立目指す

    リコーは、神奈川県御殿場市の自社施設において地域の未利用木材を利用したバイオマスエネルギー運用を昨年12月より開始している。 [画像・上:リコー環境事業開発センターに設置されている木質バイオマスエネルギープラント(…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木質バイオマス発電業者に出資【リコーリース】事業展開に向けて知見積む

    リコーのグループ会社で情報・医療・環境機器のリースを行うリコーリース(東京都江東区)は1月13日、木質チップ燃料のバイオマス発電を行っているバイオマスパワーテクノロジーズ(三重県松阪市)に出資したことを明らかにした。バイ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木質バイオマス発電事業者を主体とする事業者団体が活動開始 =(一社)バイオマス発電事業者協会

    木質バイオマスによる発電事業を行う事業者団体である一般社団法人バイオマス発電事業者協会(代表理事:山本毅嗣丸紅国内電力プロジェクト部副部長)が去る11月25日(金)に設立された。 木質バイオマスによる発電については…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 兵庫県に「朝来バイオマス発電所」運開 =関西電力/兵庫県森林組合連合会ほか

    兵庫県内の未利用木材などを燃料とする「朝来バイオマス発電所」が2016年12月、同県朝来市の生野工業団地で操業を開始した。発電出力は5,600kW、年間発電量は一般家庭約1万2,000世帯の電気使用量に相当する約3,70…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JFEエンジが廃棄物焼却施設のボイラークリーニングシステムに水噴射方式を追加

    JFEエンジニアリングはこのたび、廃棄物焼却炉向けのボイラークリーニングシステムのラインアップに新しい方式を追加した。従来の蒸気吹き付け方式、圧力波方式に、新たに「水噴射方式」を加えた。 [画像・上:水噴射クリーニ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高知県下初の下水汚泥利用バイオマス発電事業者に月島機械選定

    高知県はさきごろ、今夏公募した「浦戸湾東部流域下水道高須浄化センター消化ガス発電事業」の事業者に月島機械を選定したと発表した。下水汚泥を利用したバイオマス発電は同県初となる。 [画像・上:消化槽施設と消化ガス発電施…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 群馬県川場村産バイオマス電力を世田谷で販売 =区が購入者募集、締切せまる ―みんな電力が小売事業者

    東京都世田谷区は、群馬県北部に位置する利根郡川場村で木質バイオマス発電によって作られる電気の購入希望者を募っている。 [画像・上:川場村-世田谷区の間の電気販売・購入事業スキーム(資料:世田谷区)] 世田谷区…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木質チップ、輸入PKSも燃料の50MW「紋別バイオマス発電所」運開 住友林業/住友共同電力

    住友林業と住友共同電力は12月1日、合弁で設立した「紋別バイオマス発電」(北海道紋別市)が運営する「紋別バイオマス発電所」が営業運転を開始したと発表した。 [画像・上:紋別バイオマス発電所] 建設地は紋別港第…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タクマ、豊橋市でバイオマス発電設備を受注 発電規模2万2,100kW

    タクマ(兵庫県尼崎市)はさきごろ、木質バイオマス発電事業のサーラeパワー(愛知県豊橋市)より、豊橋市に建設予定のバイオマス発電設備を受注したと発表した。完成予定は2019年6月。発電した電気はFITを活用して電気事業者へ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イーレックスが大分県佐伯市でバイオマス発電所稼働 出力5万kW

    新電力大手のイーレックス子会社のイーレックスニューエナジー佐伯が運営するバイオマス発電所「佐伯発電所」が11月18日、大分県佐伯市の臨海地で運転を開始した。総事業費は約167億円。 [画像・上:11月に稼働した佐伯…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鳥取県日南町における「木材総合カスケード利用」、事業化に前進

    住宅用建材大手の大建工業(大阪市)はさきごろ、鳥取県日南町、日南町森林組合、単板積層材(LVL)製造・販売のオロチ(日南町)と共同で、日南町での「木材総合カスケード利用」の事業化に向けた検討について基本合意したと発表した…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新たな触媒を用いたバイオ燃料生産システムのNEDO事業・実証試験開始

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はこのほど、廃油などを用いた新たなバイオディーセル燃料製造システムの実証実験事業を種子島で開始する。 [画像・上:本システムでは、種子島の2カ所に燃料製造装置が分散され…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 福岡県豊前市に国内最大級7万4,950kW木質バイオマス発電所建設へ

    新電力大手のイーレックスは11月10日、同社が設立したバイオマス発電事業会社「豊前ニューエナジー合同会社」に、九電みらいエナジーと九電工(ともに福岡市)が出資参画すると発表した。 [画像・上:プラント建設予定地] …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る