カテゴリー:風力

  • 【日本風力発電協会「JWPAウィンドビジョン」発表】2030年3,620万kW導入実現へのシナリオ

    日本風力発電協会(JWPA)はこのほど、2030年に向けて、日本における本格的な風力発電の導入拡大を実現するための課題と対策を取りまとめた「JWPAウィンドビジョン」を策定した。3月2日、東京ビッグサイトで開催された「国…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アイルランドの小形風力発電機【C&Fアジアパシフィック】日本特別仕様を販売開始

    アイルランドの小型風力発電機メーカー、C&Fグリーンエナジーは3月2日、日本において小型風力発電機の提供を開始した。C&Fアジアパシフィック(東京都千代田区)を通して販売される。 C&Fグリーンエナジーの小型風力発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アース・グループ】スペインの小型風力発電システム「WinderaS」販売開始

    [画像・上:小型風力発電システム「WinderaS」] 太陽光発電事業のアース・グループ(大阪府大阪市)は2月4日、今春よりスペインの風車メーカーENNERA(エネラ)社製の小型風力発電システム「WinderaS」…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【福島県】県内再エネ100%実現に向け、風力発電構想を推進。復興に貢献し、地元雇用の創出を図る

    福島県は2月、産業復興計画「イノベーション・コースト構想」に基づく風力発電事業計画のうち「(仮)阿武隈風力発電構想」の計画段階環境配慮書を公開し、事業の概要を発表した。いわき市や田村市、南相馬市など阿武隈高地東側の丘陵地…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 佐賀県初の「農山漁村再エネ法」案件【自然電力】風力発電事業を唐津市協議会が決定

    [画像・上:収益の一部を地域の農業振興に還元する「合志農業活力プロジェクト太陽光発電所」(熊本県)] 自然電力はこのほど、同社が佐賀県唐津市で企画・提案している風力発電事業を含む基本計画が唐津市協議会で決定され、同…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【三井住友海上】小形風力発電設備を対象にした総合補償プラン販売開始

    [画像・上:「小形風力発電設備に関するハンドブック」表紙。小型風力発電総合補償プラン販売開始にあわせて発行された] 三井住友海上火災保険は、小形風力発電設備における事故や損害・賠償責任リスクなどを包括的に補償する「…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 風力発電・地熱発電の適地抽出【環境省】自治体主導によるモデル地域を公募

    環境省は2月3日、自治体主導による風力発電・地熱発電の適地抽出を実践するモデル地域の公募を開始した。従来、事業者が単独で計画を立案して進めてきたが、事業計画の構想・立案が長期化する傾向にあるため、モデル事業として実際に適…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日立造船「第2雄物川風力発電所」2MWの大型風車、秋田市で運開

    [画像・上:運転開始した第2雄物川風力発電所] 日立造船はこのほど、秋田県秋田市において第2雄物川風力発電所(発電出力2,000kW級1基)を完成させ、2月1日より同子会社の雄物川風力が運営事業を開始した。日立造船…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 約304万kW、2077基【日本風力発電協会】昨年末の風力発電累計導入実績

    日本風力発電協会(JWPA)は1月21日、2015年12月末の風力発電導入実績と2015年度末(2016年3月末)の推定導入量を発表した。これによれば、2015年12月の累積導入量は303.8万kW(2,077基、434…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【安川電機】小形風力発電用パワコン「Enewell-WIN」シリーズ販売開始

    安川電機はこのほど、小形風力発電システムに適用できるパワーコンディショナ「Enewell-WIN(エネウェル・ウイン)」シリーズの販売を開始した。国内風力発電の黎明期から多くの電力会社との系統連系を通じて小形風力発電用パ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【環境省】青森県・新郷村風力発電所に大臣意見

    環境省は1月8日、青森県で実施予定の「新郷村風力発電所」について、環境アセスメント手続の一環として、事業者が作成した環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。 同事業は、青森県三戸郡新郷村において…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【日本風力開発/日本政策投資銀行】大規模風力発電事業の共同ファンド設立、4月から運用へ

    日本風力開発は1月、日本政策投資銀行と大規模風力発電事業を共同運営するファンドを設立すると発表した。日本風力開発や同社関係会社が保有する稼働中の風力発電施設(発電容量合計最大20万kW)を取得し、これらの風力発電施設を共…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【NEDO】洋上風力発電進展に向けて開発事業展開。採択事例・公募予告を発表

    この1月、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による洋上風力開発事業が相次いで発表された。洋上風力は、島国で海岸線の長い日本でも大きな可能性を秘めており、発電導入ポテンシャルは約15億~16億kWとの試算が経産…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 更新需要に対応し新型風車納入【東芝】ユーラス苫前ウインドファーム向け

    [画像・上:ユーラス苫前ウインドファーム11号機(建替え機)] 東芝はこのほど、自社ブランドの風車(2,000kW)を納入した「ユーラス苫前ウインドファーム」(北海道苫前町)が営業運転を開始したことを発表した。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ユーラス由利高原ウインドファーム:秋田県最大規模の風力発電所運開

    ユーラスエナジーグループが秋田県由利本荘市で建設を進めていたユーラス由利高原ウインドファーム(総出力5万1,000kW)が完成し、2015年12月18日より営業運転を開始している。1基あたり3,000kWのシーメンス社製…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る