カテゴリー:風力

  • 【日本風力開発/日本政策投資銀行】大規模風力発電事業の共同ファンド設立、4月から運用へ

    日本風力開発は1月、日本政策投資銀行と大規模風力発電事業を共同運営するファンドを設立すると発表した。日本風力開発や同社関係会社が保有する稼働中の風力発電施設(発電容量合計最大20万kW)を取得し、これらの風力発電施設を共…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【NEDO】洋上風力発電進展に向けて開発事業展開。採択事例・公募予告を発表

    この1月、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による洋上風力開発事業が相次いで発表された。洋上風力は、島国で海岸線の長い日本でも大きな可能性を秘めており、発電導入ポテンシャルは約15億~16億kWとの試算が経産…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 更新需要に対応し新型風車納入【東芝】ユーラス苫前ウインドファーム向け

    [画像・上:ユーラス苫前ウインドファーム11号機(建替え機)] 東芝はこのほど、自社ブランドの風車(2,000kW)を納入した「ユーラス苫前ウインドファーム」(北海道苫前町)が営業運転を開始したことを発表した。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ユーラス由利高原ウインドファーム:秋田県最大規模の風力発電所運開

    ユーラスエナジーグループが秋田県由利本荘市で建設を進めていたユーラス由利高原ウインドファーム(総出力5万1,000kW)が完成し、2015年12月18日より営業運転を開始している。1基あたり3,000kWのシーメンス社製…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「伊勢志摩サミット」を応援【NTN】風力・太陽光複合型街路灯を寄贈

    [画像・上:桑名製作所(三重県桑名市)に設置したNTN製「複合型(風力・太陽光)街路灯」] NTN(大阪府大阪市)は12月16日、2016年5月に三重県の伊勢志摩で開催される主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」を応援…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日立が三菱重工から、2.5MW風力発電システムライセンス取得

    日立製作所と三菱重工業は12月14日、三菱重工が開発した2.5MW風力発電システム(型式:MWT100A/2.5)について、日立が国内陸上風力発電所向けに製造や販売、保守などを可能とするライセンス契約を三菱重工と締結した…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 《リポート》第37回 風力エネルギー利用シンポジウム、開催

    [画像・上:シンポジウム講演会場の様子。研究発表は、洋上風力発電、支持構造物・施工、風況予測、大型風車性能・評価、風車ドライブトレイン、小型水平軸風車、垂直軸風車、新型風車、騒音、メンテナンス、電気システム等のテーマに分…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 石狩ウィンドファーム、環境アセス。「環境影響評価準備書」に対する環境大臣意見、希少動物に関する追加調査を求める

    環境省はこのほど、北海道で計画が進む「(仮称)石狩コミュニティウインドファーム事業」の環境影響評価準備書(※)に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出した。同事業は、北海道石狩市において、総出力2万kWの(2,300~…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 業界最大級の洋上風力据付船竣工。丸紅ほか出資、英シージャックス社

    [画像・上:竣工した洋上風力据付船シージャックス・スキュラ] 丸紅はこのほど、産業革新機構(※)と共同出資している英国洋上風力据付大手シージャックス社の業界最大級となる洋上風力据付船が11月19日に竣工したことを発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【北陸電力グループ】福井港の工業団地に8MW「三国風力発電所」工事開始

    北陸電力グループの日本海発電(富山県富山市)は11月16日、福井県坂井市で「三国風力発電所」の建設工事を開始したと発表した。同社が風力発電所を新設するのは、石川県志賀町で運転中の「福浦風力発電所」(2万1,600kW)に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鹿児島「新長島黒ノ瀬戸風力発電所」:東芝ブランド初の風車で竣工式開催

    東芝の子会社で風力発電事業を手がけるシグマパワージャネックスは11月13日、「新長島黒ノ瀬戸風力発電所」(鹿児島県長島町)の竣工式を開催した。東芝ブランド初の風車(出力2,000kW)を2基設置した発電所だ。 日本…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【日本海事協会】日台関連機関間で協定締結。大型風力発電設備の共通規格など確立へ

    一般財団法人日本海事協会(ClassNK)はこの10月、風力発電設備の試験などを実施する台湾の金属工業研究発展中心(MIRDC)との間で、風力発電に関する業務協定を締結した。 この協定に基づき両者は、大型風力発電設備に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【環境省】青森・秋田の洋上風力3案件に大臣意見

    環境省はこのほど、秋田県および青森県で計画が進む3つの風力発電事業について、環境アセスメントで求められる環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。提出されたのは、「能代港洋上風力発電事業(仮称)」および「秋田港洋上風力発電事…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【住友商事/三菱重工ほか】ベルギー沖・北海でのウィンドファーム事業、設備建設開始

    ベルギーの沖合47km、北海上での洋上風力発電事業である「ノーベルウィンド・プロジェクト」の開発体制が固まりつつある。住友商事は、ベルギーの洋上風力発電事業開発・運営会社パークウィンド社ほかとプロジェクトファイナンス組成…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【沖縄電力】南国島嶼の暴風に対応。多良間島で「可倒式」風車の運転開始

    [画像・上:風車傾倒時の様子] 沖縄電力はこのほど、沖縄県多良間村の多良間島で、可倒式風力発電設備の営業運転を開始した。沖縄の離島では台風被害が多く、風力発電設備にとって強風対策は大きな課題となっている。宮古島の南…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る