カテゴリー:小水力

  • 国内最大規模のらせん水車を、鹿児島県薩摩川内市の取水堰に設置【日本工営】

    鹿児島県薩摩川内市の小鷹井堰で「小鷹水力発電所」が竣工し、実証試験を開始。同発電所は、国内で実績の少ない「らせん水車」を利用した発電施設で、水車の最大出力は30kW。らせん水車で出力が10kWを超える小水力発電所は国内初…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 川口市、横曽根浄水場で小水力発電/汲み上げポンプの電力に使用

    埼玉県川口市の横曽根浄水場で5月28日、県の浄水場から送られてくる県水の水流の水圧を利用した小水力発電が稼働した。同市浄水場の地下2階にある県水流入配管に設置したフランシス水車を回転させ、発電する。同市内での小水力発電の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山梨市、上水道余剰圧力を活用した小水力発電事業、7月稼働

    山梨県山梨市は、同市内の水口配水池の余剰圧力を活用して、小水力発電事業に取り組む。すでに設置工事は完了しており、7月上旬に稼働する予定だ。同発電事業は、不動産事業と売電事業を営むケーティーインセンスモール(埼玉県春日部市…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 岐阜県、豪雪地域で農業用水を活用/63kWの小水力発電設備、稼働

    岐阜県は6月1日、郡山市に農業用水を活用した「石徹白1号用水発電所」を稼働させた。施設が設置された場所は、同市の北西に位置する標高700mの高地にある白鳥町石徹白地区で、福井県との県境にある中山間地だ。朝日添川と地区内を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 岡山市、2つの池の落差を利用した小水力発電・売電始まる

    岡山県と岡山市は4月24日、同市東区に建設した西大寺小水力発電所での発電・売電を共同で開始した。岡山県広域水道企業団が管理する岡山調整池と、岡山市水道局の管理する西大寺配水池とを結ぶ、距離6・8km、口径800mmの送水…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • NEPC、小水力発電の「モデル事業」と「事業性評価調査」を公募

    一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は現在、2015度の「小水力発電導入促進モデル事業」と「小水力発電事業性評価調査」の公募を行っている。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 栃木県、ダム設備の改良に伴い、国と連携して小水力発電所を建設

    栃木県は4月10日、国による五十里ダム(日光市川治温泉川治)堰堤改良事業の着手に合わせ、本年度から「五十里発電所(仮称)」の建設工事に着手すると公表した。発電所の運転開始は2018年度末、最大出力は 1100kw、年間…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 群馬県、東吾妻町、小水力発電事業を県内初のPFI活用で実施

    群馬県東吾妻町は、小水力発電事業の「箱島湧水発電事業」を「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)を活用して実施する。公共施設やサービスに民間の資金や技術を取り入れる「PFI法」の手法を導…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 佐賀県、小水力発電普及促進に取り組む/事業者へ補助金、応募受付中

    佐賀県はこのほど、県内で小水力発電の普及促進に取り組む事業者へ補助金交付を行う「佐賀県小水力発電普及促進事業」を開始し、募集要項を発表した。事業期間は、交付決定日から2016年3月まで。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富山市、農業用水路の段差を活かす昇降機能付き水車で最適発電

    富山県富山市の常西用水土地改良区は5月、農業用水を活用した「西番小水力発電所」を稼働させた。最大発電出力は30・2kw。年間発生電力量は、一般家庭の約45世帯分の消費電力量に相当する18万6000㌗時。土地改良区による農…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新潟県十日町市、JR東日本所有ダムの維持流量を活用した小水力発電事業を計画

    新潟県十日町市はこのほど、東日本旅客鉄道(JR東日本)と「JR東日本信濃川発電所」の水利権更新に関する覚書を締結した。覚書に基づき、河川環境を維持するために、信濃川に設けた同発電所の宮中ダムからの放流量を調整する。11月…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る