カテゴリー:地熱・地中熱

  • 三井化学産資の地中熱利用新システムが「江戸東京たてもの園」に採用

    三井化学グループの三井化学産資はさきごろ、さく井業者の森川鑿泉工業所(大阪府摂津市)と共同開発した地中熱利用システム「Geo-Mex (ジオメックス)R3」が、江戸東京たてもの園(東京都小金井市)の事務棟空調設備に採用さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JFEエンジ、岩手地熱より7,000kW級地熱発電施設EPC受注 松尾八幡平地域の事業で

    JFEエンジニアリングはさきごろ、岩手地熱(岩手県八幡平市)が八幡平市の松尾八幡平地域で開発中の「松尾八幡平地熱発電所(仮称)」の地上設備に関するEPC(設計・調達・建設)一式を受注したと発表した。 [画像・上:発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アストマックス、宮崎県尾八重野地域での地熱発電事業・調査井掘削調査終了

    投資顧問グループのアストマックス(東京都品川区)はさきごろ、電力関連事業・再生可能エネルギー関連事業を手掛ける連結子会社のアストマックス・トレーディングが宮崎県尾八重野地域(えびの市)で実施していた地熱発電事業の調査井掘…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インドネシアで大型地熱発電開始 九州電力/伊藤忠商事ほか日系企業も出資

    このほど、インドネシアの西部サルーラで、大規模地熱発電所の一部が営業運転を開始した。 [画像・上:サルーラ地熱発電所の外観(提供:東芝)] 2007年10月に発電所プロジェクトの参加権益を取得後、事業会社を通…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インドネシアで80MWの地熱発電所着工 =住友商事ほか

    住友商事はさきごろ、インドネシアの西スマトラ州で「ムアララボ地熱発電所」の建設を始めたと発表した。3月24日に着工しており、2019年10月の商業運転開始を目指す。 [画像・上:「ムアララボ地熱発電所」地図(提供:…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大分県山下池南部地域で地熱資源調査を実施 =九州電力/九州林産/九州高原開発

    九州電力と、同社グループの九州林産、九州高原開発(ともに福岡市)はさきごろ、大分県由布市と九重町にまたがる山下池南部地域で地熱発電の開発・導入に向けた地熱資源調査を行うと発表した。 [画像・上:調査場所(地理院地図…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 出光興産「滝上バイナリー発電所」運開 未利用熱水活用しバイナリー発電

    出光興産(東京都千代田区)は3月、地熱によるバイナリー発電を行う滝上バイナリー発電所(大分県玖珠郡九重町)の商用運転開始を発表した。 低沸点媒体を利用するバイナリー発電では、従来の地熱発電では活用できなかった比較的…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 岩手県八幡平市で7MW地熱発電事業開始へ JOGMECの債務保証も活用

    岩手県・松尾八幡平地域で新たな地熱発電事業にゴーサインが出た。事業主は岩手地熱(八幡平市)で、日本重化学工業/地熱エンジニアリング/JFEエンジニアリング/三井石油開発/(独法)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGME…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ケニア電力公社向け地熱発電所「オルカリアV」工事を一括受注 =三菱日立パワーシステムズ/三菱商事

    三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と三菱商事はさきごろ、ケニア電力公社が同国で計画する「オルカリアV地熱発電所」の建設工事を現地のパートナー企業エイチヤング(HY)との共同事業体で一括受注したと発表した。 [画像…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 八丈島で新たな地熱発電事業開始へ 東京都八丈町とオリックスが協定締結

    東京都八丈町(町長=山下奉也氏)と、リース業大手のオリックス(東京都港区)は3月9日、八丈島での地熱発電事業に関する協定を締結した。地場資源である地熱発電事業を共同で推進する。 [画像・上:地熱発電設置場所想定地域…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【イベント告知】「地熱シンポジウムin雲仙」開催 =2017年2月17日/雲仙市・長崎大学共催

    雲仙市と長崎大学は、地熱エネルギーをいかしたまちづくりとレジリエントな地域の創生をテーマに、「地熱シンポジウムin雲仙」を開催する。 [画像・上:昨年行われた「地熱コンベンションin雲仙」の会場。満席の参加者で埋ま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 地熱発電の環境アセス期間半減目指すNEDO事業採択 =電源開発「鬼首地熱発電所」

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年12月、環境アセス手続き期間の半減を目指す「環境アセスメント調査早期実証事業」の本年度採択を発表した。 [画像・上:現在の鬼首地熱発電所(提供:NEDO)]…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 多摩川エナジーの再エネ事業、太陽光・小形風力に続き地熱も積極展開へ

    再生可能エネルギー事業に取り組む多摩川エナジー(本社・横浜市)は、中核企業に多摩川電子を抱える多摩川ホールディングス(JASDAQ上場)の子会社。会社設立4年目で、2016年3月決算は、売上高49億円、営業利益2億8,0…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年度「地熱資源開発調査事業」26件採択 経産省 =地熱発電の事業性検討事業

    経済産業省は12月9日、2016年度「地熱資源開発調査事業」の採択結果を公表した。=上掲図参照 地熱発電の導入拡大を図るべく、発電の事業性検討のための地表調査、調査井掘削などに対して補助を行う。地下資源特有の、開発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 地熱資源賦存量把握に向け、ヘリによる空中物理探査を北海道7地域で実施 JOGMEC

    地熱のポテンシャル調査を効率化させる新たな方法として注目されているのが、ヘリコプターを用いた空中物理調査だ。 [画像・上:空中物理探査の概念図(提供:JOGMEC)] ヘリによる調査は、調査ターゲットによって…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る