東京ガス「my TPOKYOGAS」とトライグルの機器取説閲覧アプリ「トリセツ」が連携開始へ

東京ガスとスマートフォンホアプリ開発のトライグル(東京都中央区)は、東京ガスのウェブ会員サービス「my TOKYOGAS」とスマホアプリ「トリセツ」の連携により、自宅のガス機器と家電製品の情報を一元管理できる無料サービスの提供を今秋より開始する。

[画像・上:サービスイメージ(提供: 東京ガス)]

トライグルが開発した「トリセツ」は、家電製品や電子機器の取扱説明書をいつでもどこでもスマホで閲覧できるアプリ。東京ガスの「my TOKYOGAS」は毎月のガスや電気の使用量・料金を確認できる登録無料の会員サービス。

東京ガスは今回、トライグルと業務提携し、ガス・電気・サービスをまとめた同社の総合エネルギーサービスプラン「ずっともプラン」のサービスメニュー拡充の一環として、自宅のガス機器と家電製品の情報を一元管理できる新サービスを提供する。

同サービスを利用するには、my TOKYOGASへの会員登録が必要。まず、トリセツアプリをダウンロードするか、すでにトリセツをインストール済みの利用者は同サービス提供開始時にアプリを更新(無料)する。

次にトリセツ上でmy TOKYOGASのログインIDを入力し、my TOKYOGASと連携すれば、東京ガスが保有する利用者の主要なガス機器情報が自動で登録される。

これにより利用者は、ガス機器の取扱説明書や、故障時の連絡先を手間なく簡単に確認できるようになる。また、ガス機器の便利な使い方など、暮らしの役に立つ情報をトリセツ内で閲覧できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る