熱量比率25%・重量比33%【IHI】高比率バイオマス混焼実現。木質ペレット燃料には純国産を使用

[画像・上:バイオマス混焼実証機(新日鐵住金釜石製鐵所内)]

IHIは12月2日、新日鐵住金釜石製鐵所内のエネルギー工場(出力149MW)において、純国産木質ペレット燃料を用いて、熱量比率25%・重量比33%のバイオマス混焼による安定運転を達成したと発表した。同社は今後、この成果を活かして実機設計を行い、2017年度の商用運転開始を目指す。

環境省からの委託「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」として2013~2015年度の予定で行っている「バイオマス高比率混焼による石炭焚火力CO2排出原単位半減に向けた先進的システムの実証」において実現した。

IHIでは、これまで兵庫県相生市の相生工場に設けた自社試験設備でバイオマス単独粉砕試験や燃焼試験などバイオマス高比率混焼に関する研究開発を進めてきた。今回の実証試験ではIHIのこれらの取組みに加え、独自にバイオマス混焼に取り組んでいる新日鐵住金釜石製鐵所の積極的な協力、国内木材関係者などのバイオマス供給に関する協力などにより、国内最大級のバイオマス発電出力(36MW)が高効率で達成された。

今回実証された燃焼方式は、既存の発電設備に小規模な改造を加えることで、現状数%程度に留まっているバイオマス混焼率を格段に引き上げることができ、混焼比率を50%以上にすることも技術的には可能だ。今後、国内で稼働している多くの石炭火力発電所に適用されることが期待される。

IHIは、石炭火力発電所における木質バイオマス高比率混焼に関する取組みや、発電設備のさらなる高効率化、CO2回収技術の開発などを軸に、資源・エネルギー・環境領域における積極的な事業展開を図っていく考えだ。

燃焼試験設備(IHI相生工場内)

燃焼試験設備(IHI相生工場内)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る