【京セラ】姫路市内に約9.9MWメガソーラー完成。竣工式挙行

[画像・上:「兵庫 · 姫路メガソーラー発電所」外観(提供:京セラ)]

東京センチュリーリース(東京都千代田区)と、京セラ(京都府京都市)が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社(東京都千代田区)の大規模太陽光発電施設「兵庫 · 姫路メガソーラー発電所」が兵庫県姫路市内で完工。12月7日には竣工式が執り行われた。

同発電所は、塩田跡地として遊休地となっていた約12万6,000㎡の敷地に京セラ製太陽電池モジュール39,600枚を設置。パワコンは富士電機製を使用している。出力規模は約9.9MW、年間予想発電量は約1,216万kWh(一般家庭約3,740世帯分の年間電力消費量に相当)となる見込みで、発電された電力の全量が関西電力へ売電される予定だ。

兵庫 · 姫路メガソーラー発電所が売電を開始すると、京セラTCLソーラーにとって全国で33カ所目の太陽光発電所になる見込み。2012年8月の設立以来2015年11月末までで、全国で32カ所、合計約63MWの太陽光発電所を運営している。

12月7日に挙行された竣工式の様子(提供:京セラ)

12月7日に挙行された竣工式の様子(提供:京セラ)

<「兵庫 · 姫路メガソーラー発電所」の概要>
事業運営:京セラTCLソーラー合同会社 (東京センチュリーリース株式会社と京セラ株式会社が共同出資により設立)
所在地:兵庫県姫路市大塩町1981-1 他
敷地面積:126,000㎡
出力規模:約9.9MW
年間予想発電量:合計約1,216万kWhの見込み (一般家庭約3,740世帯分の年間電力消費量に相当)
太陽電池設置枚数:250Wの京セラ製太陽電池モジュール合計39,600枚
竣工日:2015年12月4日(着工:2014年10月)
売電開始日:2015年12月4日
設計 · 施工:京セラコミュニケーションシステム株式会社
保守 · 維持管理:株式会社京セラソーラーコーポレーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る