【日本製紙グループ】秋田市で7.5MW風力発電事業開始へ

日本製紙は3月3日、風力発電事業のウェンティ・ジャパン(秋田県秋田市)と設立した合弁会社「日本製紙ウェンティ風力」を通じて、秋田市向浜地区で風力発電事業を開始すると発表した。建設用地は日本製紙秋田工場の隣接地で、GE製2.5MW級風車3基を建設する計画だ。発電開始は2018年1月を予定している。

日本製紙とウェンティ・ジャパンが50%ずつ出資した合弁会社が北都銀行(秋田市)より事業資金を調達し、三井造船が設計、風車・変電機器などの調達、施工、試運転調整までを一括して請け負う。3基の合計出力は7.49MWを見込んでいる。発電した電力は東北電力に販売する予定だ。

秋田県は日本有数の風力導入規模を誇る。とりわけ沿岸部は風況に国内屈指の風力適地。日本製紙秋田工場がある秋田市向浜地区には、市民が出資する市民風車の「向浜風力発電所」(出力1,990kW)やユーラスエナジーグループが運営する「ユーラス秋田港ウインドファーム」(総出力1万8,000kW)が稼働している。また、秋田市は2014年、経済産業省の「次世代エネルギーパーク」に認定され、再生可能エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーに実際に市民が見たり触れたりできる機会を増やす事業を推進している。

日本製紙は総合バイオマス企業への転換を進めており、エネルギー事業の拡大にも力を入れている。これまで熊本県八代市の八代工場での未利用材100%によるバイオマス発電事業(発電規模5,000kW)、徳島県小松島市の社有地では四国最大級の発電規模約2.1万kW、広島県大竹市の大竹工場では約826kWの太陽光発電事業を行っている。同社では、バイオマス、太陽光に次ぎ、今回新たに風力発電事業を推進することにより、再生可能エネルギーのさらなる拡充を進めていくとしている。

[画像・上:日本製紙秋田工場遠景。風力発電施設の建設予定地は同工場の隣接地(写真提供:日本製紙)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る