下水処理場でバイオマス発電開始【香川県高松市】下水汚泥由来の消化ガスを燃料に

[画像・上:東部下水処理場に建設されたバイオマス発電施設]

香川県高松市は市内最大規模の東部下水処理場に出力25kWの小型発電機20台で構成されるバイオマス発電設備を設置し、3月1日に発電記念式典を開催した。発電事業は同市下水道局が2月1日より開始している。発電出力は500kW、年間発電量は161万kWhを想定している。同県初の消化ガスを利用したバイオマス発電事業で、四国では愛媛県松山市に次いで2番目の設備となる。

下水処理場では、下水を分解した際に生じる汚泥を処理場内で濃縮し、脱水・乾燥するなどして処理している。同処理場では従来、汚泥を発酵させて体積を減らす過程で発生する消化ガスを、消化槽(発酵槽)の加温や管理棟の冷暖房に有効活用していた。発電機の熱を利用して熱水を沸かし、熱交換器を通して消化槽を加温することで効率よく汚泥を発酵させ、消化ガスを発生させる仕組みだ。

発電した電力は毎年入札により売電先を決定することになっており、本年度は四国電力に売電する。売電額は6,200万円になる見込み。売電収入は下水道事業の維持管理費に使われる。

同下水処理場では、今年2月、管理棟の屋上スペースに太陽光パネル352枚を設置し、蓄電池も備えた。出力は100kWで、予想年間発電量は約10万kWh。平常時は執務室の照明などに使用し、災害時には同処理場が防災拠点となるため予備電源としても使われる。

3月1日に挙行された、発電記念式典の模様

3月1日に挙行された、発電記念式典の模様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る