【日本アジアグループ】香川県と岡山県でメガソーラー完成。合計で約6MW<まんのうソーラーウェイ/東野崎ソーラーウェイ>

日本アジアグループ(東京都千代田区)傘下のJAG国際エナジーはこの3月、メガソーラー完成を2件相次いで発表した。

[画像・上:「まんのうソーラーウェイ」施設外観(提供:日本アジアグループ)]

まず24日に発表したのは「まんのうソーラーウェイ」。県中部の山側に位置し、徳島県とも接する香川県仲多度郡まんのう町に建設された。同社の香川県内のメガソーラーは、坂出ソーラーウェイ(2.0MW)、坂出ソーラーウェイ2(2.3MW)に次ぐ3事例目。

敷地は、まんのう町所有の公園跡地約3万㎡を活用しており、出力約2.0MWを持つ。パネルはインリー・グリーンエナジー製、パワコンは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製だ。発電した電力は全量が四国電力へ売電される。

今後は、近隣の小・中学校を対象とした再生可能エネルギーに関する環境教育を支援していくなど、発電所を通したまんのう町との協働事業も検討されている。

<「まんのうソーラーウェイ」概要>
所在地:香川県仲多度郡まんのう町
敷地面積:約30,000 ㎡
出力:約2.0MW
パネル枚数:7,504枚
EPC事業者:株式会社四電工
パネルメーカー:インリー・グリーンエナジー

「東野崎ソーラーウェイ」施設外観(提供:日本アジアグループ)

「東野崎ソーラーウェイ」施設外観(提供:日本アジアグループ)

次いで25日に発表されたのが「東野崎ソーラーウェイ」。瀬戸内海に面する、岡山県玉野市東野崎に建設されたメガソーラーだ。

民間所有の遊休地約6万2000㎡に、京セラ製の太陽光パネルを1万5,568枚並べ、出力約4.0MWを発揮する。パワコンは日立製作所製だ。一般家庭の年間電力消費量約1,300世帯に相当する年間計画発電量を想定しており、発電した電力は全量を中国電力へ売電される。

なお東野崎ソーラーウェイでも、近隣の小学校を対象とした再エネに関する環境教育を支援が予定されている。地域住民と共に、施設を活用した地域づくり、まちづくりへの取り組みを推進する。

<「東野崎ソーラーウェイ」概要>
所在地:岡山県玉野市東野崎
敷地面積:約62,000㎡
出力:約4.0MW
パネル枚数:15,568枚
EPC事業者:株式会社四電工
パネルメーカー:京セラ株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る