地熱開発理解促進関連事業支援補助で7件採択

経済産業省資源エネルギー庁は7月21日、2016年度の地熱開発理解促進関連事業(二次公募)について、7件の事業の採択を決定したと発表した。

同事業は、2013年度から実施されているもの。地熱資源を開発中又は予定している地域や地熱発電所の立地する地域における、地熱資源開発への理解促進を目的とする。地方公共団体や温泉事業者などが行う、理解促進のための勉強会・見学会や、地熱のメリットを生かした熱水活用事業などに対し、1億8,000万円を上限に定額で補助を行う。今年度は一次公募で26事業が採択されており、今回の分を加えて累計33事業となる。

また、資源エネルギー庁では同日、三次公募についても発表。応募問い合わせ等は次のとおり。

▼公募期間:721日(木)~8月24日(水)12時必着

▼問合先:資源エネルギー庁資源・燃料部政策課 ℡03-3501-2773 http://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/1607/160721a/

実施地域/事業者名

【東北経済産業局】

①岩手県盛岡市/つなぎ温泉管理有限会社・盛岡市

②青森県青森市/青森市

③青森県むつ市/むつ市

【関東経済産業局】

④群馬県中之条町/株式会社パスポート

【中部経済産業局】

⑤岐阜県高山市/奥飛騨温泉郷源泉所有者協同組合

【中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局】

⑥石川県白山市/株式会社山崎組

【九州経済産業局】

⑦鹿児島県三島村/三島村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る