「地熱シンポジウムin八幡平」開催

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と岩手県八幡平市は9月16・17日、八幡平ロイヤルホテル(同市)で「地熱シンポジウムin八幡平」を共同で開催した。日本初の商用地熱発電所「松川地熱発電所」(出力2万3,500kW)が1966年10月に運転を開始してから50年を迎えたことを記念し、地熱発電の歴史と展望を共有する目的で催されたイベントだ。

[画像・上:「地熱発電の日」制定セレモニー]

松川地熱発電所運転開始50年を振り返る講演、地熱開発と地域の共生について学べる各種プログラムのほか、トークセッションや市民討論会などが実施された。

地域と密着した地熱発電のあり方をテーマにしたトークセッションやパネルディスカッションでは、田村正彦八幡平市長や女優の紺野美沙子さん、同市で地熱関連事業者などが熱心に発言し討論を展開した。

また、JOGMECと日本地熱協会、電気事業連合会は、松川地熱発電所が初めて稼働した10月8日を「地熱発電の日」として制定。シンポジウム内で記念日登録証の贈呈セレモニーを行った。

女優の紺野美沙子さんも参加したトークセッション

女優の紺野美沙子さんも参加したトークセッション

JOGMECは、発電コストが低く、自然条件によらず安定的な発電が可能なベースロード電源の一つである地熱発電の導入拡大を進めている。八幡平市では発電所からの熱水の配給により、観光や農業などの産業の活性化を図っている。近年では、大手コンビニチェーンとの協定を締結するなど、独自の地域創生モデルを作りだしている。

JOGMECは今後、日本地熱協会など地熱開発に関係する行政・企業・団体と協力しながら、10月8日の「地熱発電の日」やその前後の時期に、地熱理解促進活動のイベントを恒例行事として開催し、国民の地熱発電に対する認知・理解を進め、地熱開発の促進に努めていく方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る