福岡県豊前市に国内最大級7万4,950kW木質バイオマス発電所建設へ

新電力大手のイーレックスは11月10日、同社が設立したバイオマス発電事業会社「豊前ニューエナジー合同会社」に、九電みらいエナジーと九電工(ともに福岡市)が出資参画すると発表した。

[画像・上:プラント建設予定地]

出資割合は、イーレックス65%、九電みらいエナジー27%、九電工8%の予定。今後、3社共同で福岡県豊前市での木質バイオマス発電事業に着手する。施設の着工は2017年3月、営業運転開始は2019年10月を予定している。

プラントの建設地は同市の宇島港臨海地に位置する九州高圧コンクリート工業の所有地。隣接地に九州電力の火力発電所である「備前発電所」がある。

発電所名は「豊前バイオマス発電所」で、バイオマス燃料の発電所としては国内最大級となる7万4,950kW規模のプラントを建設する計画だ。年間発電量は、一般家庭約15万世帯分の年間発電量に相当する約50万MWhを見込んでいる。

同事業では、イーレックスと九電みらいエナジーが発電所運営を担い、主にイーレックスが燃料調達、九電みらいエナジーが技術管理を担う。また、九電工は発電所の電気設備工事を担当する。同発電所の燃料は、パームヤシ殻(PKS)と木質ペレットで、使用量は年間約30万tを見込んでいる。

イーレックスは電力小売事業に加え、再生可能エネルギーを中心とした発電事業にも積極的に取り組んでいる。同社グループが手掛ける自社所有のバイオマス発電所では、高知市の「土佐発電所」(出力2万9,500kW)、大分県佐伯市の「佐伯発電所」(出力5万kW)が稼働している。

また、同社は本年7月、太平洋セメントとの共同出資により、岩手県大船渡市の太平洋セメント大船渡工場内に大船渡発電を設立し、木質バイオマスによる電力卸事業を行うと発表している。こちらも国内最大級となる7万5,000kW規模のプラントを建設する計画だ。その供給開始は2019年秋を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る