NTTファシリのメガソーラー、全国4カ所で竣工 徳島県板野郡/栃木県那須塩原市/宮崎県/広島県

NTTファシリティーズ(東京都港区)はこのほど、4カ所の自社メガソーラー竣工を立て続けに発表した。

今回の完成により、同社の大規模太陽光発電施設は全国合計71カ所、設備容量合計は約199.6MWに達する。

NTTファシリティーズは自社サイト運営のみならず、直流1,000V対応などの設計・企画・販売を含む法人向けの太陽光発電サイトシステム構築事業も展開。2016年には2面の太陽光パネルを切妻屋根風に設置させる独自の「M字型アレイ工法」をリリース。東西方向に傾斜させることで、通常の南向き設置より単位面積あたりのパネル数を約40%増加させ、敷地面積あたりの発電量を約30㌫向上させるパッケージだ。

山梨県北杜市には、敷地面積約4万㎡の実証サイトも持つ。国内外メーカー製モジュールの特性の実証評価、様々な素材や設置環境を想定した架台検証や設計技術検証、出力制御や蓄電などのスマートビジネス検証などの技術開発も行っている。

F上板太陽光発電所(徳島県板野郡上板町)

F上板太陽光発電所(提供:NTTファシリティーズ)

11月に発表したのが、徳島県北東部に位置して香川県とも接する板野郡上板町での「F上板太陽光発電所」竣工。2016年1月から工事がスタートして、8月には発電を開始していた。

敷地は元ゴルフ場で、2ホール分の土地を発電所に転用した。パネルはサンテックパワージャパン製、パワーコンディショナは日立製作所製で、設備容量は約2,652.3kW。年間発電量は一般的な家庭約820世帯分の電力消費に相当する約2,956MWhを想定している。

F那須塩原太陽光発電所(栃木県那須塩原市)

F那須塩原太陽光発電所(提供:NTTファシリティーズ)

NTTファシリティーズの全国第69番目の大規模発電所、それがこの「F那須塩原太陽光発電所」だ。12月に竣工した。

設備容量は約5,278,77kW。年間想定発電量は、一般家庭の消費電力にして約1,545世帯分に該当する約5,561MWhを想定している。パネルはインリーグリーンエナジー製、パワコンは日立製作所製を使用。

宮崎亀の甲太陽光発電所(宮崎県東諸県郡国富町)

[画像・上:宮崎亀の甲太陽光発電所(提供:NTTファシリティーズ)]

12月8日には「宮崎亀の甲太陽光発電所」竣工を発表した。宮崎県の中南部に位置する東諸県郡国富町のゴルフ場跡地を敷地として利用した。NTTファシリティーズ100%出資で宮崎亀の甲ソーラー合同会社(宮崎県宮崎市)を設立し、事業者としている。

パネルはサンテックパワージャパン製、パワーコンディショナは日立製作所製。設備容量は3万2,697kWで、現在のところ同社が保有する最大の太陽光発電所だ。年間想定発電量は、一般家庭約1万1,000世帯分の消費電力に相当する4万MWhを想定している。

F東広島Ⅱ太陽光発電所(広島県東広島市)

F東広島Ⅱ太陽光発電所(提供:NTTファシリティーズ)

NTTファシリティーズの国内71カ所目の太陽光発電施設が、広島県東広島市の「F東広島Ⅱ太陽光発電所」だ。2016年3月から工事を開始しこの12月16日から発電を開始。19日には竣工式も挙行された。

パネルはインリーグリーンエナジー製、パワコンは日立製作所製を使う。設置容量は約1,004.4kW、想定年間発電量は、一般家庭消費電力の約320世帯分に相当する約1,165MWhとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る