家畜糞尿バイオマス由来水素のサプライチェーン実証が北海道十勝地方で開始

「しかおい水素ファーム」開所

1月24日、北海道河東郡鹿追町で家畜バイオマス由来の水素製造供給施設「しかおい水素ファーム」が開所した。

[画像・上:環境省「家畜糞尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業」イメージ(資料:環境省)]

施設では鹿追町帯広市などの十勝地区を舞台にした環境省「地域連携・低炭素水素技術実証事業」の「家畜糞尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業」が行われる。事業は2015年度に採択され、最大で2019年度まで実施される。事業者は産業ガス大手のエア・ウォーターを代表として、ゼネコンの鹿島建設、インフラEPC大手の日鉄住金パイプライン&エンジニアリング、水素関連設備大手の日本法人である日本エアープロダクツが共同で採択されている。なお、しかおい水素ファームの運営はエア・ウォーターが執り行う。

水素の利用時のみならず製造時にもCO2を排出しない低炭素化を目指すべく、再エネなどからの水素製造・貯蔵・利活用までを一貫して実証するこの環境省の事業。本テーマではその名のとおり家畜糞尿を、地元の鹿追町や帯広市の酪農家からメタン発酵施設である鹿追町環境保全センターに収集する。しかおい水素ファームはセンター敷地内にあり、センターから生成されたバイオガスの供給を受けてその主成分であるメタンガスCH4から水素を取り出す。

水素は1時間あたり約70N㎥を製造可能。その一部は同じくセンター内に設置される水素ステーションに供給される。そして35MPaに昇圧されて燃料電池フォークリフトへ、もしくは70MPaに昇圧されて燃料電池自動車に充填される。導入されたディスペンサーはエア・プロダクツ製で、1カ所のディスペンサーで35/70MPa両方の水素供給ができる国内で最初の施設となった。

さらに純水素燃料電池にも供給。作り出される電気と熱(温水)はセンター内の施設で使用される。特に注目されるのがチョウザメの飼育施設での利用。チョウザメは高級食材キャビアも採取できる付加価値の高さが魅力だ。鹿追町の肝いりで養殖が推進されており、新たな地場産業育成のために水素エネルギーが一役かうことになる。

水素は貯蔵・輸送するために19.6MPaに昇圧した上でカードルに充填される。センター外に輸送して純水素燃料電池を運用することで、近隣の畜産農家や各種施設に電気と熱を供給する。

開所当日には記念式典も開催された。来賓として、吉田弘志・鹿追町長をはじめ、環境省や北海道庁の担当者らが出席。地域の大きな期待を乗せて、地産地消型水素エネルギーチェーン確立を目指す、国内初の家畜糞尿由来水素製造・貯蔵・輸送・利活用一貫実証がスタートした。

 

「北海道水素地域づくりプラットフォーム」平成28年度第3回会合、帯広で開催 鹿追町の「家畜糞尿由来水素実証事業」関係者を講師に

自然環境に恵まれている北海道の、再エネの賦存量は高い。風力発電や太陽光発電にも計画中の大型案件が複数存在する。

しかし連係線の整備が追いついておらず、そのポテンシャルに見合う量の開発はまだまだ進んでいないのが現実だ。

そのような北海道の状況を考えると、エネルギーキャリア・貯蔵としての水素は大きな可能性を秘めていると言える。実際、環境省の「地域連携・低炭素水素技術実証事業」でも、この十勝地区での事例の他に、釧路市白糠町で実施される小水力発電由来水素の事業(代表事業者=東芝)も採択されている。

おりしも、来る2月23日、帯広市内で水素をテーマにした会合が開かれる。主催は「北海道水素地域づくりプラットフォーム」(座長=佐伯浩・北海道大学名誉教授)。水素の利用によって道内の再エネ活用を促進し、ひいては水素を活用した地域づくりの検討を目的としている。15年5月、国交省北海道局、経産省北海道経済産業局、北海道、札幌市、鹿追町、北海道経済連合会、豊田通商、エア・ウォーター、北海道電力、北海道ガスなど、産官学連携で設立された。

今回は、講師として鹿追町の事業関係者が登壇する予定になっている。

「『北海道水素地域づくりプラットフォーム』平成28年度第3回会合」概要

▽開催日:2017年2月23日(木)

▽開催時間:14時30分~17時

▽場所:ホテルグランテラス帯広 2階「メイプル」(北海道帯広市西1条南11-2)

▽申し込み等問合せ:国土交通省北海道局参事官付 ℡03-5253-8774

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る