【東京都/トヨタ自動車/日野自動車】東京の街を実走。FCバス実証試験開始

燃料電池を動力とするバス(FCバス)の、街中での走行実証が東京都内でも始まった。走行するFCバスはトヨタ自動車と日野自動車が共同開発した77人乗りモデル。日程は7月27日から30日までの予定だ。

FCスタック、モーター、高圧水素タンクなどの基幹システムは燃料電池自動車MIRAIと共通の「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を搭載している。水素タンク圧力もMIRAIと同じ700気圧(70MPa)で、容量60ℓのタンクを8本搭載し合計容積は480ℓ(MIRAIは60ℓ+62.4ℓで122.4ℓ)。水素充填は都内のステーションで行う。

FCバスは災害時の電源としても期待されている。同モデルも、最高9.8kWの電力を外部給電するV2H(Vehicle to Home)システムを備えている。

車体・シャシー部開発は日野自動車が担当。同社のハイブリッド・ノンステップ路線バスモデルをベースとした。

同モデルの走行実証は、1月に愛知県豊田市でも行われた。今回の実証では渋滞や頻繁な車線変更など、大都市部特有の交通事情に応じた水素消費量やバスの操作性等の実用性を確認する。

都は燃料電池自動車購入に補助金を交付するなどの導入促進事業を推進しており、2020年までに6000台の目標を立てている。さらにFCバスに関しても2020年までに100台以上導入を目指しており、都バスには来年度からの導入目標を表明した。

国が「日本の水素技術の見本市」と位置付ける東京オリンピック。その競技会場間をFCバスで移動する日が来ようとしている。

[画像・上:実証されるFCバス外観(提供:トヨタ自動車)]

FCバス実証試験の27日・29日走行ルート(提供:東京都)

FCバス実証試験の27日・29日走行ルート(提供:東京都)

 

FCバス実証試験の28日・30日走行ルート(提供:東京都)

FCバス実証試験の28日・30日走行ルート(提供:東京都)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る