【福島県富岡町】福島第一原発20㎞圏内初のメガソーラー、売電利益の一部を復興支援へ

シャープは7月13日、同社と芙蓉総合リースの共同出資による「合同会社クリスタル・クリア・ソーラー」が福島県富岡町でメガソーラーの商業運転を開始したと発表した。同町の富岡工業団地内で建設を進めてきた「シャープ富岡太陽光発電所」で、すでに6月30日から稼働している。福島第一原発事故から20km圏内で初めて整備されたメガソーラーとなる。

同町が所有する約3.1haの敷地を借り、ソーラーパネル8592枚を設置。太陽光パネルの出力は約2.19MWで、年間の想定発電量は一般家庭の約663世帯分に相当する約238万kWh。同施設は、クリスタル・クリア・ソーラーが福島県内で初めて稼働させるメガソーラーでもある。

シャープがクリスタル・クリア・ソーラーより太陽光パネルの供給、開発・設計・施工から運転保守・管理まで委託され、発電事業を行う。パワーコンディショナは富士電機製を採用した。発電電力は東北電力に全量売電する。クリスタル・クリア・ソーラーは、その売電益の一部を復興支援金として富岡町に還元する。また、事業期間の20年間に、富岡町には用地借地料と固定資産税を加えた収益が見込まれる。

[画像:完成した「シャープ富岡太陽光発電所」の全景]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る