トヨタが新型プリウスPHV発表 ソーラー充電システム搭載

トヨタ自動車は2月15日から、新型プリウスPHV(プライグイン・ハイブリッド)の国内仕様を発表、販売を開始している。

[画像・上:新型プリウス発表会で会見する、トヨタ自動車取締役会長・内山田竹志氏]

ガソリンエンジンと電気モーターの両方を搭載しているが、モーター駆動のみの「EV走行」が通常使用において前提とされている。満充電の状態からEVモードだけで走行できる距離は68.2kmとしている。

注目はルーフ部の太陽光パネル。駐車中に発電した電力を搭載するリチウムイオンバッテリーに充電して、走行に使うことができる。1日あたりだと、平均で2.9kmぶん、最大で6.1kmぶんを走行できる

電力を発電・充電するとのことだ。走行中に発電された電力は直接車両駆動に使われないものの、補機類駆動用に使用されて燃費向上に貢献する。

発電量はナビやスマホでチェックできる機能も持っている。メーカー希望小売価格は321万1,600円(税込)から。

「ソーラー充電システム」を可能にするパナソニック製の太陽光パネル(提供:トヨタ自動車)

プリウスPHVに搭載される太陽光パネルはパナソニック製だ。

同社ブランド「HIT」の車載型と位置付けられている。結晶シリコン基板とアモルファスシリコン膜を組み合わせた独自の構造を活かし、高温にも強く、約180Wの高出力を発揮する。

モジュールの上下両面を柔軟な素材で加熱圧着するガラスラミネート技術を採用。これによって3次曲面加工に対応して、曲線を描くプリウスのルーフデザインにマッチしているのも特長だ。

なお、パナソニック製車載用角形リチウムイオン電池が旧バージョンに続きこのプリウスPHVでも採用されている。

PHV専用のリチウムイオン電池(提供:パナソニック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る