【NEDO/アルハイテック】水素製造・利用も行う、アルミ系廃棄物リサイクルシステムの実証開始

アルハイテック(富山県高岡市)は、アルミ系の廃棄物の処理のプロセスで各種資源を取り出し、最終的には脱水素して燃料電池での発電を行うリサイクルシステムの有効性検証を開始する。

同社のプロジェクトは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に採用され、2014年12月から各技術要素の開発に取り組んでいた。今回、このシステムの実用化のメドが立ち、朝日印刷(富山県富山市)の工場内に施設建設に着手。工場から排出される紙・アルミ・プラスチックの複合材製品の端材を利用した検証を行う。施設は年内に完成し来年から運用に入る。

リサイクルのプロセスはまず複合端材からパックパルパー(分離機)でパルプ成分を取り出すことから始まる。取り出されたパルプは再生紙として処理されてゆくことになる。ここで残ったアルミ付きプラスチックを乾留炉で無酸素加熱。可燃性ガスやオイル、そして高純度アルミに分離させる。ガスとオイルは燃料に再利用される。最後にアルミをアルカリ溶液(水酸化ナトリウム水溶液に触媒を加えた独自技術)と反応させて水素を発生。この水素を燃料電池に投入し発電する。

本システムを利用した場合、アルミ系廃棄物900tを処理すると原油換算で約45万ℓ、電力量換算で約170万kWhの省エネ効果が期待できるとNEDOは試算している。従来処理が難しいとされてきたアルミコーティング資材の廃棄物にも対応する。省エネを伴うリサイクルシステムである点でも、水素の利活用方法の可能性を広げるという点でも、今後の展開が期待されるプロジェクトだ。

[画像:アルミ廃棄物の新グリーンエネルギー利用システム(資料:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO))]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る