【エクソル】「出力制御補償」の提供を開始。売電収入の損失を補償

エクソルは7月23日、出力制御によって生じた売電収入の損失を補償する「XSOL出力制御補償」の提供を開始したと発表した。万が一、出力制御が適用され売電収入の損出が発生した場合に、その金額が補償される。
補償の対象となる太陽光発電システムは、同社が提供しているシステム保証の認定を受けた同社指定モジュールを使用する50kW未満のシステム。ユーザーに新たなコストが発生することはない。

補償期間は10kW未満が設置完了日より10年間、10kW以上50kW未満が設置完了日より20年間となっている。出力制御時間が同社指定の免責時間を超えた場合に、経済産業省が定めた一般電気事業者の買取価格に免責時間超過分とパワーコンディショナの定格出力を乗じた金額を、補償額として受け取ることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る