日本最大級のメガソーラーで堤防補強工事が竣工・寄贈式=瀬戸内Kirei未来創り合同会社

岡山県瀬戸内市で日本最大級のメガソーラーを建設中の瀬戸内Kirei未来創り合同会社(代表社員:くにうみアセットマネジメント株式会社)は先頃、3月30日に錦海湾堤防補強工事竣工・寄贈式を開催したと発表した。

[画像・上:竣工・寄贈式でテープカットを行う武久市長、山﨑社長はじめ関係者]

同社の「瀬戸内Kirei太陽光発電所建設プロジェクト」は、瀬戸内市内にある錦海塩田跡地で日本最大級の235MWの太陽光発電所を建設するもの。堤防補強工事は、2014年秋から同プロジェクトの安全安心事業の一環として建設が行われた。併せて進められていた玉津港及び師楽港の防潮堤・防潮扉の新設工事も完了し、堤防とともに瀬戸内市に寄贈された。

今回補強工事が完了した堤防が守る塩田跡地は、希少な生態系を有する塩性湿地帯でもある

塩田跡地は1956年に干拓された土地で、津波や高潮には非常に弱い。一方で塩性湿地帯として、希少な動植物の生息環境でもある。同プロジェクト内でも生態系維持ゾーン「錦海ハビタット」を設け、保全に努めているところ。今回完成した堤防や防潮堤は、南海トラフ巨大地震による津波や地震後の高波に対し、越波量を許容値以下に抑え、太陽光発電所の被災を防ぐとともに、堤防背面の塩性湿地環境を守る役割を果たす。堤防は延長1,640mで、鋼管矢板による支持杭により液状化による沈下に耐えるとともに、地中からの海水流入を妨げず、塩性湿地を守る構造となっている。

竣工・寄贈式は錦海湾堤防排水ポンプ室前で開催され、武久顕也瀬戸内市長をはじめ地元岡山県、瀬戸内市の関係者や、事業者、施工を担当した清水建設などから100名以上が出席した。式典の後には、船上から堤防・防潮堤を見学するツアーも催された。

寄贈式で固い握手を交わす武久顕也瀬戸内市長と山﨑養世くにうみアセットマネジメント代表取締役社長

寄贈者である瀬戸内Kirei未来創り合同会社を代表して、くにうみアセットマネジメントの山﨑養世代表取締役は、錦海塩田跡地に足を運んだ翌年に東日本大震災が起こり、巨大災害に対する安全、安心の確保の必要性を切に感じたと述べるとともに、日本一の出力となる同発電所計画について、「自信をもって日本を代表する発電所として、瀬戸内市の永続的な発展、地域のみなさま、次世代、日本に貢献できるよう工事を進めて参ります。」と挨拶した。

また武久市長は、今回の工事が事業関係者の負担で完了し、市に寄贈されたことを受け「今後、瀬戸内市が各安全安心施設を引き受け、万全の体制で事業者、地域のみなさまとともに発電所の竣工の支援に努めてまいります。」と述べた。

日本最大級のメガソーラーとなる瀬戸内Kirei太陽光発電所の完成予想図

瀬戸内Kirei太陽光発電所は、2019年春の事業開始を目指し、現在パネル設置工事を進めている。完成後は一般家庭7万世帯分の消費電力に相当する電力供給とともに、瀬戸内市内のCO2排出量の約半分である年間192000tの排出削減効果を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る