メガソーラー用監視システムに既設用追加 =住友電気工業

住友電気工業は、メガソーラー用PLCストリング監視システムのラインナップに、後付け可能なタイプを新たに加えた。

[画像・上:屋外設置ボックスの設置イメージ(提供:住友電工)]

同製品はその名の通り、PLC(電力線搬送通信)によってストリング単位で太陽光発電所の監視を行うシステムだ。通信線の追加敷設工事が不要でコスト面で有利、有線のため安定した通信が可能、などのメリットを持つ。

ストリング監視端末は1台あたり20ストリングまで監視でき、1ストリング毎に設定ができる。センサは非接触のクランプ型を採用している。

販売は好調で、2014年10月の発売以来、既に累計で200MWの新設メガソーラーに納入してきた。

屋外設置ボックス内部イメージ(提供:住友電工)

導入は、機器一式を接続箱内部に装着する。しかし一方でこの仕様ゆえに、既設発電所においては、接続箱内部にスペースがないがために導入できないケースがあった。

そこで今回、「野外設置型」を開発。専用の屋外設置ボックスにストリング監視システム一式を内蔵している。これにより、接続箱の外部に設置する形になる。

出荷は3月から開始されている。住友電工はPLC監視システム全体で2017年度に合計1万台の出荷目標を設定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る