バイオジェット燃料製造の技術開発スタート =NEDO

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4月、バイオジェット燃料開発事業の採択と概要を発表した。

本事業ではバイオジェット燃料は、微細藻類や木くずを原料とする。実証試験用の施設を建設。原料収集から燃料精製・改質までを一貫製造するプロセスの中で、安定的な長期連続運転や製造コスト低減などを検討する。

事業期間は2017年度~2020年度で、2030年頃の商用化を目指す。

⦅採択テーマと委託予定先⦆
◆高速増殖型ボツリオコッカスを使ったバイオジェット燃料生産一貫プロセスの開発
【委託予定先】IHI/神戸大学
◆高性能噴流床ガス化とFT合成によるバイオジェット燃料製造パイロットプラントの研究開発
【委託予定先】三菱日立パワーシステムズ/中部電力/東洋エンジニアリング/国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る