過去の記事一覧

  • 日本海事協会が台湾の認証・検査2団体と洋上風力に関わる包括的な連絡協定を締結

    風力発電関連の様々な認証サービスを提供する日本海事協会(ClassNK)はさきごろ、台湾の認証・検査団体である台湾金属工業研究発展中心(MIRDC)、台湾験船中心(CR)の2団体との間で、洋上風力に関わる包括的な連携協定…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 北米最大の太陽光発電展示会「ソーラー・パワー・ インターナショナル2017」9月にラスベガスで開催

    太陽光発電分野では北米最大規模の展示会、ソーラー・パワー・インターナショナル2017(SPI)が9月10日(日)から13日(水)まで、ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・ベイ・コンベンション・センターで開催される。 米…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「常陸那珂火力発電所」で木質バイオマス燃料の混焼開始 東電FPの火力発電所で初

    東京電力グループで燃料・火力発電事業を行う東京電力フュエル&パワー(東電FP)は6月22日、常陸那珂火力発電所(茨城県東海村)1号機で、木質バイオマス燃料を用いた混焼発電を開始した。地球温暖化対策の一環として実施するもの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【富士経済調べ】「EVが主役」は2025年以降か(上)

    市場調査会社である富士経済(東京都中央区)は、LEV(低公害車)やZEV(無公害車)と呼ばれる環境対策自動車の市場動向を調査。その結果を6月に公表した。対象となる車種は、ハイブリッド自動車(HV)、プラグインハイブリッド…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【富士経済調べ】「EVが主役」は2025年以降か(下)

    【(上)より続く】 ◆EVはやがて次世代車の主役に躍り出る 毎年高い増加を続けているEV市場。2016年の世界市場は47万台と、前年比で38.2%の伸びを示した。 [画像・上:日産の電気自動車「リーフ」(提供:…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 古河電工、超高性能モータ用CNT電線の技術開発テーマが環境省のプロジェクトに採択

    古河電気工業(古河電工)はさきごろ、同社が提案した「交通低炭素化のための超高性能モータを実現するカーボンナノチューブ(CNT)電線の技術開発」テーマが、環境省「平成29年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中国電力が石炭火発でアンモニア混焼実施 JST委託事業でCO2削減効果検討

    中国電力はこの7月、水島発電所2号機(岡山県倉敷市、定格出力15万6,000kW)において、アンモニアの混焼試験を実施した。 [画像・上:水島発電所2号機でのアンモニア混焼試験概要 提供:科学技術振興機構(JST)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 静岡県伊豆の国市で「伊豆の国市浮橋太陽光発電所」が運転を開始【日本アジア投資】元農地や山林を購入し売電事業

    日本アジア投資はさきごろ、太陽光発電事業のデベロッパーであるリニューアブル・ジャパンとの協業により、静岡県伊豆の国市で建設を進めてきた「伊豆の国市浮橋太陽光発電所」が運転を開始したと発表した。 [画像・上:伊豆の国…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コンビニでSOFC運用実証試験開始【ミニストップほか】燃料電池は京セラ製3kW

    コンビニエンスストアチェーン大手のミニストップは6月、「ミニストップイオンタワーアネックス店」(千葉市美浜区)に定置型燃料電池を試験導入すると発表した。 [画像・上:京セラ製SOFCが設置された「ミニストップイオン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タクマが太田市外三町広域清掃組合向けごみ処理施設整備・運営業務を受注

    タクマ(兵庫県尼崎市)はさきごろ、太田市外三町広域清掃組合(群馬県太田市)から「太田市外三町広域一般廃棄物処理施設建設及び運営事業」を受注したと発表した。 [画像・上:新施設の完成イメージ図] 同社を代表企業…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 東電HD主催のEV利活用アイディアコンテストで東京都市大学が最優秀賞受賞

    東京電力ホールディングスは6月、電気自動車(EV)を活用した事業・技術アイディアを募った「EV活用アイディアコンテスト」の選考結果を発表した。 これによると、応募総数23件の中から最優秀賞として選ばれたのは、東京都…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富士市で東電EP/JFEエンジほかが 鉄道インフラを活用する地域エネ供給事業に着手 20年度の事業開始目指す

    静岡県富士市が打ち出した、運行している鉄道路線の設備を活用する地域エネルギー供給事業プラン。その事業計画策定がこれから開始される。事業の実現に向け一歩踏み出した。 [画像・上:7月6日に行われた、事業計画策定の協定…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チリで98MWのメガソーラープロジェクトに参画 =双日/四国電力

    大手総合商社の双日はさきごろ、四国電力(香川県高松市)とフランスの大手建設会社エファージュと共に共同事業体を結成し、チリで「ウアタコンド太陽光発電プロジェクト」に参画したと発表した。 [画像・上:「ウアタコンド太陽…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大和ハウス系列と東電PGが「IoTエネルギーマネジメントシステム構築」の共同実証試験開始

    大和ハウスグループの大和リビングマネジメント(東京都江東区)と東京電力パワーグリッド(東電PG)は8月1日から3カ月間、「IoTを用いたエネルギーマネジメントシステム構築」に関する共同実証試験を開始する。 大和リビ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 担持触媒を用いて数Wの電力でアンモニア合成に成功 =早大/日本触媒/JSTほか

    早稲田大学理工学術院教授・関根泰氏および同教授・中井浩巳氏ほかの研究グループは、日本触媒と共同で、小型低温な条件下でアンモニアを合成するための新たなメカニズムを解明した。 [画像・上:本研究チームが開発したアンモニ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る