カテゴリー:政策

  • 「事後的過積載」認定制度に 経産省・資源エネ庁がFIT法施行規則・告示を改正

    このほど「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(FIT法)の施行規則と告示が改正。8月31日より交付・施行されている。 今回の改正には「事後的な過積載」についての施行・告示改正も含まれる…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 木質バイオマスエネルギー利用拡大を緊急提言 =指定都市 自然エネルギー協議会

    全国の政令指定都市からなる「指定都市 自然エネルギー協議会」(会長=京都市長・門川大作氏)は、木質バイオマスのエネルギー利用拡大に向けた提言を取りまとめ、9月22日に経済産業省、環境省、農林水産省の関係省庁に申し入れを行…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「脱炭素進める地方」前面に 自然エネルギー協議会が政府に対し政策提言書を提出

    自然エネルギー協議会の会長を務める飯泉嘉門徳島県知事は8月30日、大串正樹経済産業大臣政務官に、また9月5日には、中川雅治環境大臣に相次いで面会し、同協議会がとりまとめた政策提言書を提出した。 [画像・上:中川環境…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第1回エネルギー情勢懇談会開催 「2050年までにGHG80%削減」の目標達成に向け(下)

    【(上)より続く】 [画像・上:各国のエネルギー自給率(経産省資料を一部改編)] 原子力の議論の場となるか 個別の問題解決では解けない、総合的、俯瞰的な議論が要るとの意見は多い。このあたりは、個別政策ではなく、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第1回エネルギー情勢懇談会開催 「2050年までにGHG80%削減」の目標達成に向け(上)

    パリ協定を踏まえ、2050年までに温室効果ガス排出を80%削減するという長期目標を掲げた日本。従来の取組の延長では実現が困難とされるこの野心的な目標の達成に向け、経済産業省が設置した「エネルギー情勢懇談会」の第1回会合が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新たなエネルギー基本計画策定に向け、議論を開始(下)

    【(上)より続く】 「バブル」指摘 一方、太陽光以外は進捗が見られないとの分析がなされた再エネだが、日本だけが高価格である点を除けば、あまり言及する委員は多くなかった。例外は木質バイオマスで、増田委員らが現在認定申請…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新たなエネルギー基本計画策定に向け、議論を開始(上)

    経済産業大臣の諮問機関である総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会(分科会長:坂根正弘・小松製作所相談役)が去る8月9日に開催され、次のエネルギー基本計画に関する議論が始まった。エネルギー基本計画は、エネルギー政策基本…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャップ&トレード制度を議論:GHG対策は「市場」と「政府」の組み合わせで 環境省「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」(第3回)

    8月1日、CO2などの排出量に値段を付ける仕組みであるカーボンプライシング(CP)について、有識者を集めて議論する環境省の「検討会」(座長:神野直彦・日本社会事業大学学長/東京大学名誉教授)の第三回会合が開催された。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 新たなエネルギー基本計画策定に向け、より意欲的な自然エネルギー導入目標などを求める政策提言を決定 =自然エネルギー協議会第13回総会

    自然エネルギーの普及・拡大を目指す34道府県で構成する自然エネルギー協議会(会長:飯泉嘉門徳島県知事)は7月28日(金)、盛岡市内で第13回総会を開催した。 総会では、2016年度決算及び2017年度事業計画を議決…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 政府に対する政策提言を決定、山本環境大臣らへ提言書を提出 =指定都市自然エネルギー協議会

    全国の指定都市の市長で構成する指定都市自然エネルギー協議会(会長:門川大作京都市長)は、7月11日、都内で第9回総会を開催し、政府に対する政策提言を取りまとめた。総会後、門川会長らは、環境省、経産省を相次いで訪問し、山本…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「炭素税」排出量応分負担で公平性高く 逆進性対策に課題も 『「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」第二回会合』

    導入にはGHG削減効果の定量化と明示が不可欠 7月10日、環境省が設置している有識者会議「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」(座長:神野直彦・日本社会事業大学学長/東京大学名誉教授)の第二回会合が開催され…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【レポート】ICAP東京シンポ2017 「地方」の視点で見るCPの可能性と問題点

    カーボンプライシング(CP)のひとつ、CO2の排出量取引制度(ETS)導入や導入促進を目指す国際フォーラム組織であるICAP(国際炭素行動パートナーシップ、International Carbon Action Part…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カーボンプライシング、エネルギーの在り方も議論の中心に 環境省「検討会」開始(上)

    環境省による、カーボンプライシング(炭素の価格付け、CP)に関する有識者会議「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」(座長:神野直彦・日本社会事業大学学長/東京大学名誉教授)の第一回会合が6月2日開催された。「20…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カーボンプライシング、エネルギーの在り方も議論の中心に 環境省「検討会」開始(下)

    【(上)より続く】 [画像・上:環境省による、カーボンプライシングの明示的および暗示的の区別(資料:環境省)] カーボンプライシング(CP)に対するスタンスで、環境省と経済産業省にはコントラストが存在する。そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 平成29年度FIT買取価格、賦課金単価決定=資源エネルギー庁

    資源エネルギー庁は3月15日、平成29年度のFIT買取価格及び賦課金単価を決定した。 買取価格については、昨年12月13日に開催された第28回調達価格等算定委員会において、例年より早い時期に委員長意見が提出されてい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る