EVリユース蓄電池システム構築。【薩摩川内市/住友商事】離島の再エネ〝安定化〟に貢献

鹿児島県薩摩川内市と住友商事は11月19日、同市の甑島(こしきじま)に建設を進めてきた電気自動車(EV)の使用済み電池を再利用した大型蓄電池設備「EVリユース蓄電池システム」が完工したことを発表した。「甑島蓄電センター」の名称で運用を開始し、自治体が中心となって離島に再エネを普及させるための共同実証事業を進めていく。 同事業は、EVリユース蓄電池システムを段階的に電力系統へ接続して、甑島に点…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー