EVリユース蓄電池システム構築。【薩摩川内市/住友商事】離島の再エネ〝安定化〟に貢献

鹿児島県薩摩川内市住友商事は11月19日、同市の甑島(こしきじま)に建設を進めてきた電気自動車(EV)の使用済み電池を再利用した大型蓄電池設備「EVリユース蓄電池システム」が完工したことを発表した。「甑島蓄電センター」の名称で運用を開始し、自治体が中心となって離島に再エネを普及させるための共同実証事業を進めていく。

同事業は、EVリユース蓄電池システムを段階的に電力系統へ接続して、甑島に点在する複数の再エネをひとつの蓄電池でまとめて安定化し、島内にできるだけ多くの再エネ導入を図ろうとするもの。「甑島蓄電センター」は、電力会社以外の事業者が蓄電池を単独で電力系統につなぐ国内ではじめての事例となる。

薩摩川内市としては、同事業の実施にあたり九州電力からの技術協力を受け、系統に接続する蓄電池の安全な運用方法や蓄電池の効果を見極めながら、自治体モデル事業としての運用ノウハウを構築していく考えだ。今後の計画のなかで、経済性の高いEVリユース蓄電池システムを用いた低コスト事業モデルを確立し、将来は、補助金に頼らない再エネの普及環境整備を目指す。まずは、甑島蓄電センターを通じて複数の再エネ事業者に対する電力安定化サービスを提供し、再エネ導入環境の拡大を後押しする。

EVリユース蓄電池システムは、2013年に大阪夢洲において、住友商事が世界に先駆けて構築したもの。これまで2年間の運用を経て信頼性が確認されており、今回の事業ではさらに規模を拡大して、初めて電力系統の中での運用となる。いったんEVで使われたリユース蓄電池でも、新品と同様に安定的な電力を甑島全島に供給できるため、経済的な蓄電池システムとして、再エネ導入に課題を抱える離島や本土の地域などへの採用が期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る