NTTスマイルエナジーが学校への太陽光発電設備を無償設置 再エネの普及と地域防災力の強化を目指す

NTTスマイルエナジーは、柴田工業(愛知県名古屋市)とともに、自治体の学校施設へ太陽光発電設備を無償で設置するプロジェクトを12月6日より開始した。日本のエネの普及と地域の防災力の強化を目的とした取り組みとなる。 [画像・上:プロジェクト概要(提供:NTTスマイルエナジー)] 日本の学校の多くは広域防災拠点に指定されているが、公立小・中学校における太陽光発電設備の普及率は25%未満。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー