アーカイブ:2015年 6月

  • NEDO/日立製作所/新神戸電機、伊豆大島で鉛蓄電池とキャパシタのハイブリッド蓄電システム実証開始

    日立製作所と新神戸電気(日立化成のグループ企業)は、伊豆大島(東京都)に大規模蓄電システムを設置。短周期変動の抑制や電力のピークシフト・ピークカットなどの機能に関する実証を6月から開始した。 本実証は、2011年に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経産省、地熱開発への理解促進に向け全国各地で28事業を採択

    経済産業省はこのほど、地熱開発理解促進関連事業(一次公募)について、28件の事業の採択を決定した。地熱資源開発の推進を図るため、地域住民の開発に対する理解を促進することを目的とした事業を支援する。なお現在、同補助事業者の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ダイムラー、EV/HVの技術活かし定置用蓄電池市場に参入

    ダイムラーは5月28日、家庭用・中小規模法人用の定置式蓄電池システム市場に参入することを発表した。製造は同社に電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の蓄電池(特にリチウムイオン電池)を供給している100%子会社Deu…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ハンファQセルズ、韓国で太陽電池生産ライン拡充/世界トップクラスの生産能力に

    韓国有数の太陽光モジュールメーカー、ハンファQセルズはこのほど、韓国において大規模セル工場新設および250MWのモジュール生産ライン増設を行うことを発表した。新設するセル工場は、韓国・忠清北道の鎮川郡に立地し、2015年…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富士電機、独社とガスコジェネ販売契約/ラインナップがさらに充実

    富士電機は5月28日、ドイツのコジェネ機器パッケージングメーカーである2Gエナジーテックと販売契約を締結し、600kw~2000kwの容量帯で2G社の電熱ガスコジェネシステムの国内独占販売権を取得したことを発表した。また…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 川崎重工、水素混焼ガスタービン実証開始/低NOx実現、今後は水素専焼も

    川崎重工は5月26日、同社明石工場の自家発電を行っている3基のガスタービンの内1基を用いて、水素と都市ガスの混焼による実証運転を開始すると発表した。 発電用ガスタービンに用いられるLNGなどの一般的な燃料と水素とで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • デンソー、直流EVシステム、災害時は外部給電も

    デンソーは5月28日、小規模太陽光発電と小型電気自動車(EV)を活用して電力を供給する独立・分散型の「電力システム」に「車両管理システム」を組み合わせた独立電源ネットワークシステム「ピコグリッドシステム」を開発したことを…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 東北電力・東芝、40MW蓄電システム構築へ/福島県南相馬で設置工事開始

    大型蓄電池を用いて電力の需給バランスを改善し、系統の電圧や周波数安定化対策(アンシラリーサービス)を検討する実証事業に積極的に乗り出している東北電力。2月20日には、西仙台変電所(宮城県仙台市)に設置された最大出力40M…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 環境省/再エネ水素STを地方に、FCVの使用領域拡充へ

    環境省は5月29日、募集していた「平成27年度地域再エネ水素ステーション導入事業に係る補助事業者」について、全国から熊本県・神戸市・徳島県・宮城県の4件を採択したことを発表した。低炭素な水素社会の実現と燃料電池自動車(F…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 九州電力・三菱商事、地熱発電所の事業化に向け熊本県で地熱資源調査実施

    九州電力と三菱商事は5月21日、熊本県阿蘇村で地熱発電所の開発の可能性を探るための地熱資源調査を実施すると発表した。2019年までに調査を終え、適地があれば地熱発電所の開発に着手する。九電と三菱商事は今年1月、南阿蘇村に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富士電機、滝上バイナリー発電所、出光大分地熱から受注

    富士電機はこのほど、出光興産子会社で地熱事業の出光大分地熱より「滝上バイナリー発電所」の設備全体の設計、調達、製作、建設を一括して受注した。発電所が新設されるのは、温泉地として名高い大分県九重町で、同町にある出光大分地熱…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JFEエンジニアリング、中国で、ごみ焼却発電プラントの合弁エンジニアリング会社を設立

    JFEエンジニアリングは、中国におけるストーカ式ごみ焼却発電プラントのエンジニアリングを行う合弁会社「東潔環保科技(上海)有限公司」( 本社:中国上海市)の設立について、中国現地企業と合意したことを6月3日、発表した。今…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 川口市、横曽根浄水場で小水力発電/汲み上げポンプの電力に使用

    埼玉県川口市の横曽根浄水場で5月28日、県の浄水場から送られてくる県水の水流の水圧を利用した小水力発電が稼働した。同市浄水場の地下2階にある県水流入配管に設置したフランシス水車を回転させ、発電する。同市内での小水力発電の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山梨市、上水道余剰圧力を活用した小水力発電事業、7月稼働

    山梨県山梨市は、同市内の水口配水池の余剰圧力を活用して、小水力発電事業に取り組む。すでに設置工事は完了しており、7月上旬に稼働する予定だ。同発電事業は、不動産事業と売電事業を営むケーティーインセンスモール(埼玉県春日部市…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 岐阜県、豪雪地域で農業用水を活用/63kWの小水力発電設備、稼働

    岐阜県は6月1日、郡山市に農業用水を活用した「石徹白1号用水発電所」を稼働させた。施設が設置された場所は、同市の北西に位置する標高700mの高地にある白鳥町石徹白地区で、福井県との県境にある中山間地だ。朝日添川と地区内を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー