アーカイブ:2015年 7月

  • 福島第一原発20㎞圏内で初となるメガソーラーの建設開始【エナジア】

    福島県郡山市の再生可能エネルギー関連のベンチャー企業エナジアは6月8日、同県川内村で「かえるかわうちメガソーラー」の安全祈願祭と起工式を開催し、建設に着手した。東京電力福島第一原発から20km圏内でメガソーラーが設置され…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【東北大学/筑波大学】藻類オイルを輸送用燃料に変換する新手法を開発

    東北大学大学院工学研究科の冨重圭一教授、中川善直准教授、筑波大学生命環境系の渡辺秀夫研究員らの研究グループは6月15日、藻類がつくり出す炭化水素スクアレンをガソリンやジェット燃料に変換する新手法を開発したと発表した。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飛島建設/オリエンタルコンサルタンツが岐阜県中津川市の農業用水路に小水力発電所建設開始

    飛島建設とオリエンタルコンサルタンツは6月12日、岐阜県中津川市で共同発電事業者として小水力発電設備の建設工事を開始した。大正時代に築かれた農業用水路の未利用落差に着目し、水路の一部を発電用水路として活用する。12月に運…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業推進中。世界最大級の7MW浮体式洋上発電設備組立完了

    福島洋上風力コンソーシアムが進めている「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」のうち、福島県・小名浜港における7MW油圧ドライブ型浮体式洋上風力発電設備(三菱重工業製)の組立作業が完了し、実証研究実施海域への曳航・設置…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • レノバ、九重ソーラー発電所運転開始。起伏の大きな山中の土地にメガソーラー建設・運営

    レノバは6月12日、大分県九重町に建設した「九重ソーラー発電所」の運転を開始したことを発表した。出力は約25.4MWで、想定年間発電量は一般家庭の約7000世帯の年間使用電力量に相当する約2400万kWhを見込む。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー