蓄電システムの世界市場、25年には現状の4倍超に【富士経済調べ】(下)

【(上)より続く】 非住宅用途:ピークシフト用需要本格化へ 商業・公共・産業施設に設置される蓄電システムの調査でも、需要の大きな伸び幅が予測されている。これら非住宅用途では、商用電源や発電機と連携しオフピーク時に蓄電しピーク負荷時に放電するピークシフト/ピークカット、非常用電源、自家消費用再生可能エネルギーの負荷平準化用途などが主な導入目的だ。 現状、住宅用や系統用と比べて市場は…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー