【トリナ・ソーラーセミナー】1,500V対応とマルチバスバー技術を前面にアピール(上)

トリナ・ソーラー・ジャパン(東京都港区)は5月25日、製品セミナーを都内で開催した。 [画像・上:新たに日本市場に投入するフレーム付きモジュールも、1,500V対応済みだ。写真は単結晶60セルのALLMAX M plus] 同社の製品セミナーは、毎年2回、5月と12月に開催してきている。今回は、主に1,500Vシステムへの対応と、マルチバスバー技術などがトピックとして発表された。 …

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー