ソーラーフロンティアが「低圧監視モニタリングシステム」の受注を開始

ソーラーフロンティアは5月15日より、50kW未満の低圧連系の太陽光発電所を対象とした「低圧監視モニタリングシステム」の受注を開始した。 [画像・上:「低圧監視モニタリングシステム」の概略図(提供:ソーラーフロンティア)] 同モニタリングシステムは、スマートメーターや近隣の気象データ、インターネットクラウドサービスなどを活用して太陽光発電所を監視する。 スマートメーターにより計測…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー