新日鉄住金エンジがリトアニアとスペインで廃棄物発電施設を連続受注

新日鉄住金エンジニアリングはさきごろ、ドイツの子会社で廃棄物発電プラントを手掛けるシュタインミュラー・バブコック・エンヴァイラメント(SBENG)を通じて、欧州において廃棄物発電施設の建設工事一式2件を受注したと発表した。 [画像・上:サン・セバスティアン市(スペイン)の廃棄物発電施設の完成予想図 ©LKS Group] 今回受注したのは、リトアニアの首都ビリニュス市の廃棄物発電施設と…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー