中部電力が木質バイオマス発電設備の開発計画発表 四日市火力発電所構内に設置予定

中部電力はさきごろ、同社で初めてとなる木質バイオマス燃料の100%専焼発電設備を「四日市火力発電所」(三重県四日市市)構内に設置する開発計画を発表した。 同社は、地球温暖化対策をはじめとした環境保全への取り組みを重要な経営課題の一つと位置づけており、再生可能エネルギーの開発の一環として、今回、木質バイオマス燃料専焼発電設備の開発を決定した。2018年5月に着工し、2020年4月に運転を開始す…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー