人工光合成の住宅向け利用で実証実験【飯田グループHD/大阪市立大学】(上)

戸建住宅やマンションの建設販売を手掛ける飯田グループホールディングス(東京都新宿区)は7月10日、大阪市立大学と共同で、人工光合成技術によるエコハウスの実証実験を開始すると発表した。実験に使用する家屋は、グループ会社である飯田産業(東京都武蔵野市)が沖縄県の宮古島市に開発中のリゾート計画地内で既に建設中。実験は年内にも開始する予定だ。 [画像・上:研究棟の完成イメージ。屋根にあるのは太陽電池…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー