三井住友海上/あいおいニッセイ同和損保が太陽光発電・バイオマス発電事業者向けリスク診断サービスとハンドブック作成

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、インターリスク総研との共同で、太陽光発電やバイオマス発電事業者向けに、新たな「リスク診断サービス」と「リスクハンドブック」を開発し、7月から提供を始めた。 [画像・上:「~太陽光発電設備~メンテナンスに関するハンドブック」表紙(提供:三井住友海上火災保険)] 太陽光発電事業者には現在、適切な保守点検・維持管理の体制整備と実施が義務付…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー