【関西電力】家庭用蓄電池を束ねて電力系統の安定化に活用 経産省・VPP事業の中で国内初の取り組み

関西電力はさきごろ、家庭用蓄電池を用いた電力系統の安定化に関する取組みを開始すると発表した。多数の家庭用蓄電池を高速制御し、周波数制御に活用する国内初の取り組みとなる。 [画像・上:家庭用蓄電池の活用イメージ(提供:関西電力)] 経済産業省資源エネルギー庁の補助事業「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業費補助金」に申請し、7月14日に補助事…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー