オムロンが9.8kWhの新たな蓄電システム発売へ コンパクト+大容量で自家消費・VPPのニーズに訴求

オムロンは、新たな屋外設置型蓄電システム「KPAC」を発表した。システムは蓄電池ユニットとPCS(定格出力4.0kW)から構成。蓄電池の充電容量は9.8kWhで、同社の蓄電システムのラインナップ中最大だ。住宅と法人施設の両方に対応しており、小規模な商業施設や戸建住宅の導入を想定している。 [画像・上:KPACのパッケージを構成する、蓄電池ユニット(左)とPCS(提供:オムロン)] 蓄電…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー