排水油脂リサイクルで燃料化【NEDO/ティービーエム】飲食店由来の「都市型バイオマス」

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月8日、飲食店や食品工場からの排水に含まれる油脂をリサイクルして燃料化する技術の開発を発表。トラックに発電機を搭載した車載型(出力6kVAおよび100kVA)発電車を公開した。 [画像・上:挨拶に立つティービーエム(埼玉県所沢市)の代表取締役社長・佐原邦宏氏] 本開発ではバイオディーゼル燃料(BDF)などのような化学合成は用いない、スト…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web版ログインページ
有料契約の方はこちらから
Web版ログインページ
機能限定版、試読の方は
こちらから

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー